1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. KIYOラーニング、社員教育クラウド「AirCourse」で「組織階層機能」をリリース

2020年4月30日

KIYOラーニング、社員教育クラウド「AirCourse」で「組織階層機能」をリリース

KIYOラーニングは28日、企業向け社員教育クラウドサービス「AirCourse」で企業の組織単位でのユーザー管理・コース割当を可能にする「組織階層機能」をリリースした。


本機能により、大規模企業でも、組織の階層構造をAirCourse上に実装することで、事業や部門単位による、ユーザー管理やコース割当、受講状況の確認を効率的に行えるようになる。

従来のAirCourseでは「グループ機能」により、ユーザーをグループ化することで、グループに一括してコース割当を行い、マネージャがグループの受講状況を確認することができた。例えば「営業グループ」というグループを作って営業員を全て登録しておけば、 「営業グループ」に一括でコース割当を行い、全営業員のレポートをマネージャが参照することができる。

ただし、大規模な企業では、営業部の下層に製品や地域ごとの営業課があり、さらにその下の組織階層が存在する場合がある。このような企業では、「コースによっては営業部全員に受講させたいが、コースによっては特定の営業課のみ受講させたい」といった場合があるが、従来の「グループ機能」では階層構造に対応できず、管理に手間がかかっていた。

こうした、大規模企業での管理業務を効率化するために、新機能「組織階層機能」を開発した。本機能によって、企業の組織階層構造をAirCourse上に実装できる。それぞれの組織単位で、ユーザー管理、コースの受講割当、受講状況のレポート参照ができるため、大規模企業の管理業務を効率化できるという。

関連URL

AirCourse

KIYOラーニング

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
GIGAスクール構想 標準仕様書スペックに対応したタブレット端末が登場 Sky安心GIGAタブレット Windows10 Office 365搭載 Sky
NICA 全国ICTクラブ協会 《オンライン開催》 あなたもプロになれる! Webニュースライター講座

アーカイブ

  • 「GIGAスクール構想」に最適なアクセスポイントとは? 成功のカギは、Wi-Fiから FURUNO SYSTEMS
  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス