1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. 全国の中高生がアプリ開発の頂点を目指す「アプリ甲子園2022」開催

2022年7月8日

全国の中高生がアプリ開発の頂点を目指す「アプリ甲子園2022」開催

アプリ甲子園実行委員会は6日、全国の中学生・高校生を対象にしたアプリ・Webサービスの開発コンテスト「アプリ甲子園2022」を開催すると発表した。

「アプリ甲子園」は、次世代を担う若手クリエーターの発掘と健全な育成支援を目的として2011年から開催している。「君のクリエイティブを世界に解き放つ」をテーマに、全国の中高生が開発したスマホ向けアプリ・Webアプリを広く募集し、企画力と技術力の観点から優秀な作品を選出・表彰する。

本年はこれまでの「開発部門」に加え、アプリ甲子園の協賛企業から提示された課題をテクノロジーの力で解決するためのイノベーティブなアイデアを企画・提案する「アイデア部門」も新設。決勝大会では「開発部門」で選出された中高生が一堂に会して、公開プレゼンテーションを行う。

なお、作品と企画の応募期間は7月6日~9月4日となる。

アプリ甲子園2022「開発部門」応募概要

応募資格:生年月日が2004年4月2日以降の人 ※グループでの応募も可能
選考対象:
iPhone・iPod Touch・iPadなどのiOS用アプリ・Android OS用アプリ。または、Webブラウザ(PC・スマホ)上で動作するWebサービス。作品テーマは基本自由。テーマがあるほうが作りやすい人は「学校で役に立つもの」「みんなの元気が出る」をヒントに制作する
■スマホアプリの場合
・原則、App StoreやGoogle Play等マーケットに始めにリリースした日が2021年9月〜現在までのもの。リリース前でも応募可能。
・iPhoneはiOS14.3以上、AndroidはAndroid 12.0 以上で動作するよう制作する。審査の際はAndroid 12.0 以上の端末を使用する。
・アプリ甲子園に一度エントリーした作品は再度応募できない。
■Webサービスの場合
・原則、Webブラウザ(Google ChromeやFirefoxなど)上で動作するWebサービス。
・審査の際は、PC・スマホ版ともにGoogle Chromeを使用する。
・審査の際にどちらかで審査してほしいかを指定することができる。
スケジュール:
・本エントリー開始:7月6日(水)
・エントリー締切 :9月4日(日)
・一次結果発表  :9月16日(金)
・二次選考会   :10月2日(日)
・決勝大会    :10月30日(日)
審査基準:
UI/UXデザイン、企画力(独創性・新規性、消費者支持度)、技術力(実装力、技術チャレンジ)

アプリ甲子園2022「アイデア部門」応募概要

応募資格:生年月日が2004年4月2日以降の人 ※グループでの応募も可能
選考対象:各協賛企業から提案された課題をテクノロジーの力を使って解決するアイデアの企画書
■提出形式について
・スライドの提出は必須。
・かならず、PDF(推奨)もしくはJPEGで提出する。それ以外の形式で提出した場合、審査ができないことがある。
・プレゼンテーション動画(mp4/mov)の提出も可能(1人2分まで)。
スケジュール:
・本エントリー開始:7月6日(水)
・エントリー締切 :9月4日(日)
・選考結果発表  :10月9日(日)
・決勝大会    :10月30日(日)
審査基準:貢献性、新規性

「アプリ甲子園2022」特設ページ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena Action 2022 来年度プロダクト・アップデート発表会 08.20(土) 14:00~17:00 ONLINE Special Talk Session
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ITパスポート WEB通信講座 受講料11,000円 資格★合格クレアール
  • 私立中学・高校様向け ICT利活用サポートデスク オンラインICT支援員 【限定】無料トライアル 参加校募集 NTTLS
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス