1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. NTT東日本、コミュニケーションロボット使った「親子プログラミング教室」開催

2022年8月1日

NTT東日本、コミュニケーションロボット使った「親子プログラミング教室」開催

東日本電信電話(NTT東日本)宮城事業部は、ロボット型の通信端末(コミュニケーションロボット)「Sota(ソータ)」を使った親子プログラミング教室を、8月6日に、宮城県大崎市の松山公民館で開催する。

「Sota」は、NTTグループのAI関連技術「corevo」を活用したコミュニケーションロボット。同教室では、NTT東の社員が講師になって、「Sota」をプログラムして、クイズや写真撮影をするロボットの作成を体験する。

「Sota」の動作、話す言葉を児童が自らプログラムして、「Sota」を動かすことで、プログラミングを楽しく学ぶ。プログラミングには、「Sota」とはじめるフローチャートを使用。

【開催概要】
開催日時:8月6日(土)10:00~12:00
開催場所:大崎市松山公民館2階ホール[大崎市松山千石松山428番地]
参加者:大崎市内の小学3・4年生および保護者8組

関連URL

NTT東日本「ロボコネクト」

NTT東日本

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
大塚商会のNext GIGA
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス