1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 武蔵野大学、学生向けイベント「EMC Pitch −世界の幸せを叫ぶ−」9月19日まで募集

2022年8月22日

武蔵野大学、学生向けイベント「EMC Pitch −世界の幸せを叫ぶ−」9月19日まで募集

武蔵野大学は、同大学アントレプレナーシップ学部(武蔵野EMC)で行われる学生向けピッチイベント『EMC Pitch−世界の幸せを叫ぶ−』の参加者を募集していると発表した。募集は9月19日まで受け付ける。

同イベントのテーマ及び本学ブランドステートメントである「世界の幸せをカタチにする。」の根底には、「世界は、幸せか。」という問いがある。これは誰もが命を脅かされることなく平和に過ごし、誰一人として涙している人のいない世界を描くだけでなく、今世界で起きている課題を解決に導くために、何をすべきか考え、行動することを意味する。

この度、世界の幸せと自身の価値観について真摯に向き合い、発表することを通して参加者が成長できる機会を提供することを目的に「EMC Pitch−世界の幸せを叫ぶ−」を12月4日に武蔵野キャンパスで開催する。参加資格は小学生から中学、高校、専門学校など学生で、世界の幸せについて本気で考え、変えていきたい学生は誰でも応募することができる。

同学部の実務家教員等が審査員を務め、参加者の同イベントに対する熱い思いや意気込みを語った「1分動画」及びプレゼンテーション(オンライン)を評価してファイナリストを決定。応募に際しては8月27日に、アントレプレナーシップ学部長 伊藤 羊一氏によるプレイベントが実施されるほか、1次選考通過者限定で最終選考に向けたワークショッププログラム(オンライン)も予定している。

最終選考を通過したファイナリストはオーディエンスの前で自らの想いを発表する。また2023年2月開催予定のアントレプレナーシップ学部の実務家教員や起業家・実業家、教育関係者、各界の専門家などが集う「EMC Conference」に学生代表として参加する権利が得られる。

詳細・申込

関連URL

武蔵野大学

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス