1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 3DCGの聴衆に向かって英語プレゼン力をアップする「Pitch Vantage」

2017年5月11日

3DCGの聴衆に向かって英語プレゼン力をアップする「Pitch Vantage」

アテインは、3DCGで映し出される聴衆に向かって練習することで、英語によるプレゼンテーション力をアップさせるソフト「Pitch Vantage (ピッチ・バンテージ)」を17日から提供開始する。

22448_agpblLKLJB「Pitch Vantage」は、ソフトウェアとウェブカメラのついたPC、ヘッドセットで構成。画面に映し出される3DCGの聴衆に向かってプレゼンの練習をすると、聴衆は飽きたり呆れたり、リアルな反応を示す。練習の結果はクラウドに保存され、リアルタイムでフィードバックを得ることができる。

声に関する9つの特徴 (ペース、ペースの幅、声量、声量の幅、アイコンタクト、間、呼吸、場つなぎ語、ピッチの幅) を約1万5000スピーチのサンプルを機械学習によって分析・解析したパターンを採用し、スピーチをどう改善すればいいのかを具体的に理解することができる。また、声調、声量、口癖などについて先生役が映像を通してアドバイスしてくれる。

何度もチャレンジしてよりよい点数を目指すことで、すぐれた英語によるプレゼンテーションの実践的なスキルアップに役立つと期待される。同社では、英会話学校や英語の授業のある大学・企業、さらにスピーチコンテストを実施している中学・高校などにも需要があるとみて、初年度5000万円の売り上げを見込んでいるという。

関連URL

「Pitch Vantage」商品紹介ページ

Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
EDIX関西2018 出展社特集 公開中・募集中
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の塾の新規開校事例はこちら すらら
  • 学校現場のICT活用情報 冊子を無料でお届け チエルマガジン申し込みへ
  • 先生!ひょっとしてeラーニングでお悩みですか?
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • みらいスクールステーション 導入校が驚いた想定外の利用率! 教室ノートPCに代わる教育ICT専用端末 FUJISOFT
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス