1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 話題のIoT野球ボール「i・Ball Technical Pitch」が販売再開

2018年2月19日

話題のIoT野球ボール「i・Ball Technical Pitch」が販売再開

アクロディアは、IoT野球ボール「i・Ball Technical Pitch」の販売を、2月16日から再開した。

Amazonの解説

「i・Ball Technical Pitch」は、硬式野球ボールの中心部に9軸センサーを内蔵したIoT製品。国内唯一の特許を取得済で海外はPCT出願済。

昨年12月に一般販売を開始したが、約1カ月で完売。材質を改良し、より公式球に近づけた製品として販売を再開した。

ボール本体は、硬式野球ボールと同じ重量、同じ固さ、同じ素材で作られている。ボール本体を投げると投球データがスマートフォンに転送され、「球速、回転数、回転軸、球種、変化量、腕の振りの強さ」を計測し、専用サーバーで投球データの解析ができる。

プロ野球の投手をはじめ、投手育成や練習などの場面で多くのユーザーがいる。

関連URL

Technical Pitch

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
ICTクラブ大泉学園 無料プログラミング体験会 やってみなくちゃ分からない ゲームをプログラミングしよう!

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • すらら×オーダーメイドの学び
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス