1. トップ
  2. データ・資料
  3. AIが導入されたら現在のスキル・知識で対応できないが7割 連合調査

2018年2月19日

AIが導入されたら現在のスキル・知識で対応できないが7割 連合調査

連合では「AI (人工知能) が職場にもたらす影響に関する調査」を行い、16日その結果を発表した。

それによるとAIの認知率は約9割。AIのイメージとしては、1位「記憶力や情報量が多い」2位「ミスが少なく正確」3位「複数の事象を把握・対応できる」などとなり、「臨機応変な対応ができる」「創造性がある」とイメージした人は4割未満にとどまった。

0219-rg1
AIの普及に関する意識を訊ねたところ、AIの普及に「期待している」は5割半で、金融・保険業で高かった。AI導入で「自分の仕事が変わる」と3人に2人が予想、4割半ばが「仕事が楽になる」と考えている。2割半ばがAI導入で労働時間が「減る」と予想しており、減少予想は運輸、金融・保険業で高く、長時間労働の緩和に期待していることが窺えた。

また、金融・保険業では半数以上が職場で働く人数が「減る」と回答、賃金については6割半ばが「変わらない」、2割半ばが「減る」と予想した。「自分が働いている間は、AIによる仕事への影響はない」と考える人が5割近くに上り、AIの活用で「勤務先が維持・成長・発展する」と答えた人は約6割だった。

0219-rg2
さらにAIを使った仕事に関する意識では、職場にAIが導入されたら「AIを使って仕事をしたい」が4割強。AIが導入されたら現在のスキル・知識で対応できるかという質問には、「できると思う」3割強、「できないと思う」7割弱となった。

AIに関するスキルアップの訓練を「公的な教育機関、専門学校」など企業外で受けたいとする人が4割、「自分が働く企業の研修施設、業務時間中のOJT」で受けたい人が3割強となった。

関連URL

調査の詳細

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
先生方の負担にならない 校務用PCの二要素認証ログイン 指タッチだけで簡単ログイン リモートアクセスも簡単にできる! 詳しくはこちら YubiPlus
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
ニュース記事の作成・提供 膨大なリリースから最適なネタを選択し記事化して廉価で提供 取材記事も作成可能 WANITEL Web-News Writing Service

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • Biz安否確認/一斉通報 アカデミックプラン 教職員・学生の安否確認に
  • BYOD予備機にも最適! 使いやすさNo.1の充電保管庫 早割キャンペーン実施中 lockncharge
  • Microsoft Surface 生徒の学びのためのSurface Laptop SE NEW 税抜2万円台~
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス