1. トップ
  2. データ・資料
  3. goo検索で振り返る、2016年注目ワードのランキング公開

2016年12月7日

goo検索で振り返る、2016年注目ワードのランキング公開

NTTレゾナントは6日、同社の運営するgooウェブ検索で、2016年の注目ワードと、一緒に検索されたキーワードを検索回数順にランキング形式で発表した。

今年注目された新技術や、話題になった製品などの関連検索キーワードをランキング化することで、それらの注目ワードが、ユーザからどのような視点で興味や関心を寄せられていたのかが可視化できるとしている。今年の注目ワードは「人工知能」「位置情報」「ドローン」「IoT」「自動運転」など。

今年は、囲碁の「人工知能」が世界トップの棋士を破り世界中を驚かせたほか、「人工知能」の書いた書籍が発売されメディアで大きく取り上げられもした。また、「位置情報」を使ったスマホゲームが注目もされた。中でも、「ポケモンGO」は全世界で大ヒット。現実世界でユーザがその場所へ移動するとポケモンと遭遇できるという遊び方が話題になった。

規制法が新たに設けられるなど、利用ルールに関するニュースがさらなる話題を呼んでいる「ドローン」は、関連検索キーワードで「人気機種」「価格」などが上位にくるなど、すでに一般の購買者にも手が届くものになっていることがうかがえる。

また、日本のIT企業がイギリスの半導体開発メーカーを買収し、国内でもさまざまなニュースが飛び交った「IoT」では、「NTT」や「農業」が関連検索キーワードの上位にきて、人不足問題や獣害問題を抱える農業などの分野での応用が期待されていることが見てとれるという。

さらに、「自動運転」は現在、自動車業界で最も注目されているワードであり、人々の生活への影響度の高さから、メディアでも多く取り上げられたもの。その他に、「ネットスーパー」「フィンテック」「格安スマホ」などの注目ワードも見られた。

注目ワードと一緒に検索されたキーワードの1位は、人工知能→「書籍」、位置情報→「ポケモンGO」、IoT→「とは」、自動運転→「日産」などとなってる。

関連URL

ランキング結果の詳細

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 私立中学・高校様向け ICT利活用サポートデスク オンラインICT支援員 【限定】無料トライアル 参加校募集 NTTLS
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス