1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. 福井県こどもプログラミング協議会、「第6回越前がにロボコン」12月開催

2022年9月6日

福井県こどもプログラミング協議会、「第6回越前がにロボコン」12月開催

福井県こどもプログラミング協議会は、「第6回越前がにロボコン」と「北陸大会」を12月17日に開催する。

「越前がにロボコン(カニロボ)」は、地元福井県の特産物である「越前がに」を模したロボットコンテスト。全国の小・中学生を主な対象とし、自律型ロボットを制作・制御させることにより、科学技術を身近に体験してもらう機会を提供する。プログラミングやロボット制作を通して子どもたちの情報リテラシー能力を高め、プログラミング関連産業の振興や未来の人材育成に寄与することを目的としている。

ロボットは、市販のキットを使って自作したもので競技に挑戦。形状はカニがイメージできること。モーター、光センサーや超音波センサーを使用したロボットで、決められたコースを自動で走行させ、ミッションの達成度とタイムを競い合う。

これまでは小・中学生を対象とし、初心者向けのタイヤ型ロボットを使用したエントリー部門と、上級者向けの歩行型ロボット部門に分かれて競い合ってきた。しかし、高校生や幼稚園の児童なども出場したいとの要望を受け、今年度は全年齢を対象としたオープン部門を新設する。

また、福井県から始まったカニロボコンは石川県、富山県へと拡大。今年度は各地の優勝者が集い、真のカニロボを決める北陸大会も合わせて行う。なお、クラウドファンディングも実施中。

開催概要

開催日:12月17日(土)
開催会場:ショッピングシティ・ベル あじさいホール
参加対象:
・エントリー部門 小学生のみ
・歩行型ロボット部門 小・中学生
・オープン部門 年齢制限なし

「第6回越前がにロボコン」

関連URL

クラウドファンディング

福井県こどもプログラミング協議会

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 新規利用自治体募集 ※条件・応募自治体数上限あり 2024年3月まで無償 オンライン説明会開催中
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス