1. トップ
  2. 学校・団体
  3. サイエンスアーツ、明治大学ラグビー部がインカムアプリ「Buddycom」を採用

2022年11月10日

サイエンスアーツ、明治大学ラグビー部がインカムアプリ「Buddycom」を採用

サイエンスアーツは8日、明治大学体育会ラグビーフットボール部のメディカルスタッフ、トレーナー、学生スタッフ間の情報連携ツールとして、デスクレスワーカーをつなげるライブコミュニケーションプラットフォーム「Buddycom(バディコム)」が採用されたと発表した。

今回、サイエンスアーツは、スポーツSDGs・CSRの一環として、明治大学ラグビー部にBuddycomを無償提供し、1カ月間のトライアルを経て2022年8月に本採用された。

明治大学ラグビー部では、選手が練習中に怪我をした際に、素早くメディカルスタッフと学生スタッフが情報連携し、選手の怪我の対応をスムーズにしたいという課題があった。課題解決には、動いてもコードが邪魔にならないBluetoothで繋がるインカムが必要だった。

同ラグビー部では、平日の朝6:30から8:00、選手、監督、メディカルスタッフ、トレーナー、学生スタッフが一丸となって練習を行なっている。「Buddycom」導入後、メディカルスタッフ、トレーナー、学生スタッフ間のコミュニケーションにインカムアプリBuddycomを利用することで、グラウンド全体の情報連携を可能とし、朝90分という短い中でも無駄なく洗練された練習・指導が実現されたという。

明治大学ラグビー部の導入事例

関連URL

「Buddycom」

明治大学ラグビー部

サイエンスアーツ

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
大塚商会のNext GIGA
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス