1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ノバキッド、情操教育にも力を入れた「親切な英語教育ガイドライン」を発表

2022年11月14日

ノバキッド、情操教育にも力を入れた「親切な英語教育ガイドライン」を発表

Novakid(ノバキッド)は11日、英語指導だけでなく、子どもの情操教育にも力を入れて、保護者をサポートする「親切な英語教育ガイドライン」を発表した。

同ガイドラインは、英語で作成されており、子どもたちが日常生活でも使える面白いイディオムや、礼儀を表すジェスチャーなどを記載。

子どもたちは、英語で親切に自分を表現する方法や、人に自己紹介するときの一般的なフレーズ、ありがとう、挨拶、謝罪、手助けを申し出るときのフレーズなどを学ぶ。

同ガイドラインは、11月13日に行われた「世界親切デー」を記念してまとめられたもの。「世界親切デー」は、他人に親切にすることを意識して過ごす日のことで、1988年に日本で生まれた取り組み。アメリカでは「World Kindness Day」と呼ばれており、世界中の国々が認める記念日となるよう広がっている。

4歳から12歳の子どもを対象としたオンライン英会話スクール「ノバキッド 」では、世界70カ国以上から集まった約7万人の子どもたちに、英語学習を通して様々な文化、伝統、ものの見方や接し方の違いなどを教えている。

2000人以上いる認定教師は、英語を学ぶ生徒をサポートするほか、「親切な人」を育成するために、子育てにおける保護者の努力に貢献できるようサポートしている。

関連URL

ノバキッド

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
大塚商会のNext GIGA
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス