1. トップ
  2. データ・資料
  3. MMD研究所、「テレビ配信サービスに関する調査」を公開

2023年1月12日

MMD研究所、「テレビ配信サービスに関する調査」を公開

MMD研究所は10日、18歳~69歳の男女1万100人を対象に実施した「テレビ配信サービスに関する調査」の結果を公開した。

近年、その再生回数がテレビ視聴における新たな指標となってきている「見逃し配信」と、先日のワールドカップでも話題になった「リアルタイム配信」について、認知や利用頻度、利用理由などを聴取した。



それによると、見逃し配信の認知は80.1%、利用経験は38.0%。視聴時に使用するデバイスでは、スマホが57.6%、PCが34.8%、テレビが26.0%。


利用経験のあるサービストップは「TVer」だった。

また、リアルタイム配信の認知は77.4%、利用経験は33.3%。


視聴時に使用するデバイスでは、スマホが47.3%、テレビが46.9%、PCが26.6%となった。


見逃し配信を現在利用していると回答した人を対象に、見逃し配信の利用頻度を聞いたところ、「ほぼ毎日」が17.2%、「週に2~3回程度」が23.7%、「週に1回程度」が24.9%となり、週に1回以上利用していると回答した人は合わせて65.8%となった。

リアルタイム配信を現在利用していると回答した人を対象に、リアルタイム配信の利用頻度を聞いたところ、「ほぼ毎日」が27.1%、「週に2~3回程度」が15.8%、「週に1回程度」が16.4%となり、週に1回以上利用していると回答した人は合わせて59.3%となった。

見逃し配信を利用する理由トップは「見逃したテレビ番組が配信されていたから」、リアルタイム配信を利用する理由トップは「好きな場所でテレビ番組を見たいから」だった。

リアルタイム配信の利用経験がある人を対象に、リアルタイム配信を利用する理由を聞いたところ(複数回答可)、「好きな場所でテレビ番組を見たいから」が最も多く35.3%、次いで「外出時に見たいテレビ番組があったから」が22.4%、「自分が住んでいる地域以外のテレビ番組を見たいから」が16.5%となった。


テレビ放送とテレビ配信サービスの今後の利用意向についての問いには、テレビ放送を「利用したい」または「やや利用したい」と答えた人を合わせた利用意向は75.8%、見逃し配信を「利用したい」または「やや利用したい」と答えた人を合わせた利用意向は60.6%、リアルタイム配信を「利用したい」または「やや利用したい」と答えた人を合わせた利用意向は52.5%となった。

関連URL

調査結果詳細

MMD研究所

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
教育ソフトウエア 採点ナビ 無料お試し

アーカイブ

  • 創造性を育む学びに Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • 学習者用デジタル教科書の活用環境を考える 詳しくはこちら
  • 教材・校務活用ポータル kyouzai.jpへ
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス