1. トップ
  2. データ・資料
  3. リクルート、高校教育改革に関する調査2022「進路指導・キャリア教育」編

2023年1月17日

リクルート、高校教育改革に関する調査2022「進路指導・キャリア教育」編

リクルートが運営するリクルート進学総研は16日、高校の教育改革に関する現状を明らかにするため、全国の全日制高校を対象に新学習指導要領、ICT活用、キャリア教育、進路指導、学校改革などの取り組みに関する調査を実施し、その結果公表した。

調査は昨年8月から9月にかけて行われ、943件の回答を得た。同調査によるリリースは「新学習指導要領・ICT活用」編と「進路指導・キャリア教育」編の2つあり、今回は「進路指導・キャリア教育」編となる。

それによると、キャリア教育を実施する時間は「総合的な探究(学習)の時間」が77.6%でトップとなった。探究学習の進路指導へのつながりとしては「志望校や志望分野選びにつながる」の回答が前回比2.7ポイント増となった。また、キャリア教育を進めていく上での今後の課題は「教員の負担の大きさ」が67.8%でトップ、「実施時間の不足」とともに前回より上昇した。

進路指導上の課題は「教員が進路指導を行うための時間の不足」がトップで、「入学者選抜の多様化」「進路選択・決定能力の不足」が5割台で続いた。これからの社会の好ましさについては、生徒にとってこれからの社会が「とても好ましい」「まあまあ好ましい」の回答が42.8%を占めた一方、「あまり好ましくない」「非常に好ましくない」が55.5%と、前回の36.4%から大きく上昇した。

「特に必要とされる」と思う社会人基礎力の1位は前回同様「主体性」50.6%、2位「課題発見力」47.4%で、課題発見力は前回から5.0ポイント上昇した。「生徒が現在持っている」と思う社会人基礎力は「規律性」が55.1%と突出し、次いで「傾聴力」「柔軟性」と続き、上位3つの順位は前々回から変わっていない。「アントレプレナーシップ教育」について「導入・活用している」「導入・活用を検討している」を合わせて18.1%にとどまり、「導入・活用をしていないし、する予定もない」が過半数を占めた。

関連URL

調査結果の詳細

リクルート

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • GIGAスクールで育む創造性 Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • 学習者用デジタル教科書の活用環境を考える 詳しくはこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス