1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 「paizaラーニング 学校フリーパス」、累計ユーザー数が1600校18万人を突破

2023年3月30日

「paizaラーニング 学校フリーパス」、累計ユーザー数が1600校18万人を突破

paizaは29日、同社の無料プログラミング学習サービス「paizaラーニング 学校フリーパス」の累計ユーザー数が1611校・18万2145人に達したと発表した。

「paizaラーニング 学校フリーパス」は、月額1078円(税込)の動画プログラミング学習サービス「paizaラーニング」の全200レッスン、1600学習動画、3100問の演習課題を小・中・高・大学・専門学校向けにすべて無料で提供するサービス。

受講者は6段階で評価される「paizaスキルチェック」の結果をもとに、自身のスキル・能力にあった学習ができる。右肩上がりでニーズが拡大しており、直近1年間で累計利用校が約600校増加。利用している大学のうち、国公立大学が約20%を占めている。

「paizaラーニング 学校フリーパス」の概要
①「無料でのサービス提供」
学校を通した申込みなら、すべての生徒・学生は無料で「paizaラーニング」の全サービスが利用できる
②「環境構築が不要」
PCとブラウザがあれば、PC環境の差異にかかわらず環境構築不要で即サービスを利用できる(Chromebookでも利用可能)
③「多様な言語対応、レベル別の問題集で生徒・学生の理解度に合わせた指導が可能」
「paizaラーニング」は、Java、PHP、Python、Ruby、JavaScriptなどの主要言語をカバーし、全200レッスン、1600の学習動画のほか、難易度の異なる3100の演習課題が利用でき、動画コンテンツと演習課題は毎月追加
④「“楽しさファースト”の仕様で自宅学習を促進」
すべての学習動画は1本3分程度で視聴しやすく、さらに動画の解説をプロの声優が担当したり、学習の進捗状況をRPG形式で表示したりするなど、「楽しく学べる」工夫がなされている

詳細

関連URL

「paiza」

Paiza

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス