1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 野村不動産×埼玉大、大学生による「小学生向け授業プログラム」を開発・実施

2023年6月1日

野村不動産×埼玉大、大学生による「小学生向け授業プログラム」を開発・実施

野村不動産と埼玉大学は5月31日、「持続可能な街づくり」を目指して、昨年7月から約半年間にわたって共同で、小学生向けの授業づくりと、小学生向けの授業を実施してきたと発表した。

小学生向け授業の詳細は、同大教育学部の浅田茂裕教授と同社の支援の下、同大教育学部の1年生が検討。今年1月には、大学生によって小学生向け授業「推しの木コンテスト」として、小学6年生3クラスに授業を実施し、小学生が発表した内容は「推しの木図鑑」という制作物としてまとめ上げた。

「推しの木コンテスト」は、街の環境に大きな影響を及ぼす「木」の存在に注目し、小学生一人ひとりが自分の「推し」の木をまとめ、発表する授業。

同プログラムでは今後、同授業が住民の街への向き合い方に与える効果を継続的に検証するほか、授業プログラムの内容や対象小学校の拡充を図ることを予定している。

現時点では、同授業を今年6・7月ごろに、同社の開発中のエリアに位置する小学校で実施することが決まっている。また、小学生がまとめ上げた制作物を、地域住人の地元への興味を喚起することを目的に公開することも予定している。

関連URL

「授業プログラム」

埼玉大学

野村不動産

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
大塚商会のNext GIGA
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス