1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. チエル、クラウド型英検対策教材「旺文社 英検CAT」をバージョンアップ

2023年8月1日

チエル、クラウド型英検対策教材「旺文社 英検CAT」をバージョンアップ

チエルは7月31日、同社のクラウド型英検対策教材「旺文社 英検CAT」をv3.0にバージョンアップし、対応デバイスを拡大した。


今回リリースした新バージョンでは、PC・タブレット・スマホでの学習ができるようになったほか、新たに搭載した「学習ポイント機能」で日々の学習での頑張りが可視化されるようになった。2023年度中は現行版と新版の並行運用で、両方のバージョンが利用できる。

「旺文社 英検CAT」は、CATエンジンを搭載したクラウド型の英検対策教材で、学習者の解答結果に合わせ、その最も近いと思われるレベルの問題を提示するのが特徴。

学習者の英語力を的確に測定して、「英検レベル診断」「語いクイズ」「文法ドリル」「リスニング」「1次試験対策」「2次試験対策」の6つの学習モードで自分のレベルにあった英語学習を進められる。

また、「1次試験対策」には英検の過去問題を5級~準1級までの各級で過去3年度分・各年度3回分の計9回分を収載。過去問題は毎年更新され、級と年度を跨いで問題傾向を確認できる。(現在は5級~準1級までの2019~2021年度分を掲載)

バージョンアップの概要

①インターフェースを刷新しスマホ・タブレットにも対応
従来版はWebブラウザーと専用スマホアプリだけの対応だったが、新版ではインターフェースを刷新し、PC・スマホ・タブレットに対応。また、レスポンシブ対応で、スマホやタブレットのタップ操作に最適化されたUI設計に変更。例えば並べ替え問題では、従来はドラッグ&ドロップでの操作だったが、新版ではタップするだけで回答できるようになった
②学習ポイント機能の追加
「英検CAT」の学習をするとポイントが貯まる機能を新たに搭載。6つの学習モードのうちどれでも1回学習をする毎に1ポイントが加算され、学習ポイントはTOP画面に常に表示される。日々の学習での頑張りが可視化され、「英検CAT」での学習を継続するモチベーションとなる活用ができる

詳細

関連URL

「旺文社 英検CAT」

チエル

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス