1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. チエル、語学4技能学習システム「CaLabo MX」をバージョンアップ

2022年1月14日

チエル、語学4技能学習システム「CaLabo MX」をバージョンアップ

チエルは13日、同社の語学4技能学習システム「CaLabo MX」のVer.2.5をリリースしたと発表した。

今回のバージョンアップで、「先生画面送信機能」やニュース教材を新たに999タイトル追加するなど、より多様な学び方に対応できるようにした。

「CaLabo MX」は、語学4技能の「聞く」「話す」「読む」「書く」に特化したクラウド型のシステムで、ノートPCやスマホなど可搬性のあるモバイル端末で利用できる。

シャドーイングやディクテーション、語彙テストなどの授業運営に必要な機能と、教師に優しい操作性で、授業進行をスムーズにする。

今回のバージョンアップでは、ハイフレックス型授業やオンライン授業で活用できる機能を追加したほか、年次処理の追加、4技能アクティビティの改善、エージェントの自動アップデートなども行った。

バージョンアップの概要

①「先生画面送信機能」の追加
教師のデスクトップ画面を学習者画面に表示する機能を追加。これによりオンライン授業でも学習者の画面に、教師のデスクトップ画面が全画面で表示され指導に活かせる

②「Zoom連携機能搭載」
Zoomのアカウント認証を行うことで、授業開始時にZoom Web会議を自動生成できる。学習者は授業に参加することで、自動的にZoom Web会議が起動

③「ABLish教材の追加」
クラウド型英語ニュース教材「ABLish」で配信された過去のニュース(2021年上旬まで)を新たに999タイトル追加。 ニュースは、1つのニュースで「ベーシック・バージョン」(英検3級程度)と「アドバンス・バージョン」(英検2級~準2級程度)レベルから学習できる

詳細

関連URL

クラウド型英語ニュース教材「ABLish」

チエル

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
教育ソフトウエア 採点ナビ 無料お試し

アーカイブ

  • 探究型の学びに最適! Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • 学習者用デジタル教科書の活用環境を考える 詳しくはこちら
  • 教材・校務活用ポータル kyouzai.jpへ
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス