1. トップ
  2. ツール・教材
  3. チエル/CALLシステムで利用可能なムービーテレコ対応教材を発売

2015年9月18日

チエル/CALLシステムで利用可能なムービーテレコ対応教材を発売

チエルは17日、英語ニュース教材配信サービス『ABLish(エイブリッシュ)』の音声教材をCALLシステム『CaLabo EX(キャラボ イーエックス)』で利用可能にした、ムービーテレコ対応英語学習教材『ABLish Express(エイブリッシュ エクスプレス)』を25日から発売開始すると発表した。

チエルでは、これまでに世界のニュースを約1分間の短いトピックにまとめて、2つのレベルで音声と一緒に配信する英語ニュース教材配信サービス『ABLish』を販売してきた。

また、CALLシステム『CaLabo EX』を導入している学校からは、より学生の関心が高く、また各個人のレベル別に学習が可能な英語教材を求める声が多くあり、難易度を2つのレベルにコントロールし、効果的なレベル別学習が可能な『ABLish』の音声教材を『CaLabo EX』の学習ツール「ムービーテレコ」対応教材として開発、販売するに至ったという。

この教材は、関西外国語大学英語キャリア学部 松宮新吾教授が監修、教材制作は、翻訳/英語教材作成に定評のあるインターアクト・ジャパンが担当している。なお、本教材を利用するには、CALLシステム『CaLabo EX』の導入が必要。

製品概要

製品名:ABLish Express
発売開始日:2015年9月25日
対応システム:CALLシステム『CaLabo EX』
収録内容:全7ジャンル、21カテゴリーで構成された400本の英語ニュース教材を収録。1本の教材につき、ベーシック・バージョンとアドバンスト・バージョンの2つのレベルの英文・和文・リスニング学習用の英語音声を収録
販売対象:大学・短期大学・高等学校等、文教市場
価格(税込):1ライセンス 4860円、21ライセンス8万1000円、41ライセンス15万6600円(追加1ライセンス4104円)

関連URL

『ABLish Express』製品ページ
チエル

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
Classi “主体的に学ぶ力”をのばす Classiポートフォリオ 2つの新機能登場! アルバム機能 学びの振り返り機能 詳細はこちら
ICTクラブ大泉学園 情報活用能力を育む STEAM系「21世紀コース」 プログラミングだけじゃない!

アーカイブ

  • 「GIGAスクール構想」に最適なアクセスポイントとは? 成功のカギは、Wi-Fiから FURUNO SYSTEMS
  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • 学校法人西岡学園 札幌山の手高等学校 すらら×英検合格
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス