1. トップ
  2. ツール・教材
  3. チエル/CALLシステムで利用可能なムービーテレコ対応教材を発売

2015年9月18日

チエル/CALLシステムで利用可能なムービーテレコ対応教材を発売

チエルは17日、英語ニュース教材配信サービス『ABLish(エイブリッシュ)』の音声教材をCALLシステム『CaLabo EX(キャラボ イーエックス)』で利用可能にした、ムービーテレコ対応英語学習教材『ABLish Express(エイブリッシュ エクスプレス)』を25日から発売開始すると発表した。

チエルでは、これまでに世界のニュースを約1分間の短いトピックにまとめて、2つのレベルで音声と一緒に配信する英語ニュース教材配信サービス『ABLish』を販売してきた。

また、CALLシステム『CaLabo EX』を導入している学校からは、より学生の関心が高く、また各個人のレベル別に学習が可能な英語教材を求める声が多くあり、難易度を2つのレベルにコントロールし、効果的なレベル別学習が可能な『ABLish』の音声教材を『CaLabo EX』の学習ツール「ムービーテレコ」対応教材として開発、販売するに至ったという。

この教材は、関西外国語大学英語キャリア学部 松宮新吾教授が監修、教材制作は、翻訳/英語教材作成に定評のあるインターアクト・ジャパンが担当している。なお、本教材を利用するには、CALLシステム『CaLabo EX』の導入が必要。

製品概要

製品名:ABLish Express
発売開始日:2015年9月25日
対応システム:CALLシステム『CaLabo EX』
収録内容:全7ジャンル、21カテゴリーで構成された400本の英語ニュース教材を収録。1本の教材につき、ベーシック・バージョンとアドバンスト・バージョンの2つのレベルの英文・和文・リスニング学習用の英語音声を収録
販売対象:大学・短期大学・高等学校等、文教市場
価格(税込):1ライセンス 4860円、21ライセンス8万1000円、41ライセンス15万6600円(追加1ライセンス4104円)

関連URL

『ABLish Express』製品ページ
チエル

町全体でICT化を推進 福島県西会津中学校 すらら 活用事例のご紹介
Classi 導入事例 客観的データに基づく学習指導 佐賀県立致遠館中学校・高等学校
自立学習型能力開発 ICT教材の利活用にお悩みの先生へ 導入事例をご紹介 速読解力講座 速読聴英語講座 簡単入力で資料請求
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
時間と距離の課題をICTでクリア 島しょ部の生徒たちに刺激と交流の機会を マイナビニュース PR:シスコシステムズ
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • マルチプラットフォーム辞書 DONGRI 活用事例集プレゼント!
  • スタディサプリ これがICT教材のトータルパッケージ 1分で資料入手!
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス