1. トップ
  2. ツール・教材
  3. ネットワンシステムズ/学認の認証基盤設定・運用コストを削減するソリューション

2015年9月17日

ネットワンシステムズ/学認の認証基盤設定・運用コストを削減するソリューション

ネットワンシステムズは17日、大学などのIDを外部の学術サービスとシングルサインオンで連携させる、「学術認証フェデレーション(学認)」の参加に必要な認証基盤の設定・運用の負荷・コストを削減する認証ソリューションの提供を開始した。

システム概要

システム概要

「学認」は、電子ジャーナルなどの学術サービスを利用する大学や、それらのリソースを提供する機関・出版社などから構成される連合体。参加機関は相互認証が可能で、組織内の認証システムにログインするだけで、学認に対応した外部の各種サービスが利用できる。

これまで学認の参加には、認証サーバの設定・運用にオープンソースのミドルウェア「Shibboleth(シボレス)」の専門知識・技術が必要だった。そのため、専門スキルを持つ人材の確保や異動時の課題、外部委託した場合のコストが課題となっていた。

今回ネットワンシステムズが提供開始する認証ソリューションの活用によって、「学認」への参加・運用に関する複雑な各種設定をグラフィカルに行えるGUI(Graphical User Interface)上で可能となる。

「学認」への新規参加の際には、認証サーバに参加機関共通の情報があらかじめ設定されることで、最低限の設定作業で学認に参加できる。

また、運用時には、学認に対応した各種外部サービスの利用者・接続先の設定変更や、SPへの利用者属性情報の送信の可否の設定変更などもGUI上で行え、設定ミスも防ぐことができるという。

なお、ソリューションには、かもめエンジニアリングのGUIと管理機能で学認接続の設定・運用を容易にするツール「SCHOLA(スコラ)」を活用している。

関連URL

ネットワンシステムズ

ICT活用による公立校の学力向上大作戦 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
ぼくたちは、世界標準で学ぶ こどもOffice(R) Microsoft Officeの小学生向け学習支援ソフト 製品サイトへ
NICA 全国ICTクラブ協会 Webニュースライター講座 ≪オンライン開催≫ あなたもプロになれる!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 子供と向き合う時間を創出する 学校の新ワークスタイルをご提案! ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス