1. トップ
  2. データ・資料
  3. 高校生の起業志望率は13.9%で大学生の12.4%を上回る=ペンマーク調べ=

2023年8月21日

高校生の起業志望率は13.9%で大学生の12.4%を上回る=ペンマーク調べ=

ペンマークは18日、同社の学習管理SNS「Penmark」を利用している全国の現役高校生約13万人を対象に実施した、「高校生活実態調査(キャリア編)」の結果をまとめ発表した。


それによると、高校生の「起業志望率」は13.9%だった。同社が大学生23万人を対象に実施した調査では、「自分で起業したい」と回答したのは12.4%で、これを見る限り、起業志望率は高校生の方が大学生を上回っている。

また、高校生に、「将来、どんな仕事に興味があるか」尋ねたところ、最も多かったのは「IT・エンジニア系」19.2%で、以下、「自分で起業したい」13.9%、「医療・介護系」13.8%、「公務員」13.7%、「企画・マーケティング系」13.1%などが続いた。


学年ごとにみると、「自分で起業したい」と考えている生徒の割合や、企画・マーケティング系への関心は、学年が上がるにつれて増加した。


起業する場合の事業形態については、「スタートアップ(まだ世の中に顕在化していない新しい市場)」が最も多く55.3%で、次が「スモールビジネス」47.9%。実際の起業に向けてのアクションは、「経済学を学ぶ」、「インターネットで起業についてリサーチする」、「身近な人や家族に相談する」などの声が挙げられた。

ちなみに大学生の場合は、高校生とは逆で、「スモールビジネス」が最も多く26.7%、次が「スタートアップ」22.1%だった。

また、高校生に「興味がある資格・スキル」を聞いたところ、最も多かったのは「TOEIC・TOEFL・英検」25.8%で、以下、「IT・プログラミング」22.4%、「簿記・会計・税務」18.6%などが続いた。

「興味がある資格・スキル」を高校生と大学生で比較すると、弁護士・司法書士・公認会計士だけ、高校生が大学生を上回った。その他の資格・スキルへの関心度は大学生の方が高い。

高校生に「留学の意欲」について聞いたところ、「留学したい」が43.3%、「留学したくない」が56.7%という結果になった。

留学したい国ベスト3は、1位「アメリカ合衆国」63.2%、2位「カナダ」34.7%、3位「オーストラリア」32.6%だった。文科省のデータでも、この上位3つの国に関しては、短期留学(3カ月未満)、長期留学(3カ月以上)でも滞在先として上位に選ばれている。

この調査は、「Penmark公式LINEアカウント」を利用中の全国の高校生を対象に、2月20日~28日にかけて、スマホWebで実施した。有効回答数は13万8618人(高校1年生6万353人、2年生4万96人、3年生3万6169人)。

関連URL

調査結果の詳細

ペンマーク

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
大塚商会のNext GIGA
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス