1. トップ
  2. データ・資料
  3. 資格・スキルへの興味、大学1年生が他学年の約2倍 =ペンマーク調べ=

2022年12月9日

資格・スキルへの興味、大学1年生が他学年の約2倍 =ペンマーク調べ=

ペンマークは8日、同社の大学生向け履修管理SNS「Penmark」を利用している現役学生23万人を対象に実施した、「新型コロナの影響による、Z世代の学生生活の変化についての実態調査」の結果をまとめ発表した。

それによると、「興味のある資格・スキル」を聞いたところ、1位「TOEIC・TOEFL・英検」36.2%、2位「IT・プログラミング」27.3%、3位「簿記・会計・税務」26.9%という結果になった。

学年別にみると、「宅建・建築士」と「弁護士・司法書士」を除き、すべての資格・スキルに対して大学1年生が他の学年の約2倍、興味が高いことが分かった。

文系・理系で比較すると、「TOEIC・TOEFL・英検」に関しては、文理どちらも6割以上の学生が最も強い興味を示した。

理系は、次いで「IT・プログラミング」、「簿記・会計・税務」と続き、2〜3割程度の関心度合いとなった。また、文系は「IT・プログラミング」、「英会話・外国語会話」と続き、3割弱だった。

理系だけでなく文系でも、「IT・プログラミング」が2位で、「英会話・外国語会話」より上位だったことから、コロナ禍で学生のプログラミングスキルへの関心の高まりが見られた。

上級生の上位は、1位「TOEIC・TOEFL・英検」18.3%、2位「IT・プログラミング」14.1%、3位「簿記・会計・税務」13.4%。

一方、下級生の上位は、1位「TOEIC・TOEFL・英検」26.8%、2位「簿記・会計・税務20.4%、3位「IT・プログラミング」19.8%で、1位の「TOEIC・TOEFL・英検」に関しては、上級生よりも下級生の方が7ポイント以上高い結果となった。

この調査は、「Penmark 公式LINEアカウント」を利用中の全国の学生を対象に、9月22日~30日にかけて、スマホを使って実施した。有効回答数は22万9617人(文系13万5933人、理系8万7943人)で、内訳は大学生が19万737人、大学院生1万563人、専修学校生1万2737人。

関連URL

SNS「Penmark」

ペンマーク

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
教育ソフトウエア 採点ナビ 無料お試し

アーカイブ

  • GIGAスクールで育む創造性 Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • 学習者用デジタル教科書の活用環境を考える 詳しくはこちら
  • 教材・校務活用ポータル kyouzai.jpへ
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス