1. トップ
  2. 学校・団体
  3. Sky、名古屋大学「中央図書館2F多目的エリア」のネーミングライツを取得

2023年8月31日

Sky、名古屋大学「中央図書館2F多目的エリア」のネーミングライツを取得

Skyは30日、名古屋大学と、同大施設のネーミングライツ(施設命名権)取得に関する「ネーミングライツ事業実施契約」を締結したと発表した。

中央図書館

同大は、自己収入拡大のため、2018年8月に「ネーミングライツ制度」を導入。今回、東山キャンパス(名古屋市千種区)中央図書館2階多目的ラーニングエリアについて公募を行い、審査委員会による審査を経て、同社をネーミングライツ・パートナーに決定した。

今年9月1日~2028年8月31日まで、同施設の愛称は「Sky Learning Studio」になり、今後は、サインの設置や印刷物などで愛称を積極的に使用する。

同中央図書館は、同大の教育・研究を支援する附属図書館の中核的な施設で、2022年度の利用者数は延べ約49万人にのぼり、多くの利用者に様々なサービスを提供している。今後は、命名権料を活用して、図書館資料(電子化含む)や図書館施設の充実を図っていく。

【ネーミングライツの概要】
協定期間:2023年9月1日(金)~2028年8月31日(木)
対象施設:名古屋大学東山キャンパス中央図書館2階多目的ラーニングエリア (延べ床面積:796.6㎡)
主な利用者:名古屋大学の学生
用途:学習など
愛称名:
・アルファベット表記「Sky Learning Studio」
・日本語表記「スカイ ラーニング スタジオ」
愛称の使用:施設内にサインの掲示
付帯権利:施設内に企業紹介ボードを

設置

詳細

関連URL

名古屋大学

Sky

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
大塚商会のNext GIGA
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス