1. トップ
  2. 学校・団体
  3. Sky×お茶の水女子大、大学施設のネーミングライツに関する協定を締結

2022年9月29日

Sky×お茶の水女子大、大学施設のネーミングライツに関する協定を締結

Skyは28日、お茶の水女子大学と、同大施設のネーミングライツ(命名権)取得に関する協定を、9月7日付で締結したと発表した。

同大は、教育研究環境の向上を図るための財源を獲得するため、2019年2月にネーミングライツ制度を導入。

今回、附属図書館1階「グローバルラーニングコモンズ」(対象施設)のネーミングライツ公募に同社が応募し、選定委員会の審査を経て、ネーミングライツ・パートナーに選ばれた。

その結果、今年10月1日~2025年9月30日まで、対象施設の名称は「Sky Global Learning Commons」になる。同大が、学内施設のネーミングライツに関する契約を締結するのは、今回で2例3施設目。

対象施設の同大附属図書館は2018年に改修されたが、その中に設置される「Sky Global Learning Commons」は、学生同士が活発な対話活動を促しつつ主体的に学ぶ、明るい雰囲気のスペース。

ミニコモンズやプレゼンテーションルームなどのグループで学習・研究を行う部屋や、窓際にはハイカウンター席、壁際には院生によるLALAデスク(学習相談)もある。

ネーミングライツの概要

対象施設:附属図書館1階「グローバルラーニングコモンズ」(延べ床面積:191.5㎡)
愛称名:Sky Global Learning Commons(スカイ グローバル ラーニング コモンズ)
契約期間:2022年10月1日~2025年9月30日
愛称の使用:施設内にサインの掲示、大学ホームページや案内図などにおける使用
付帯権利:施設内にパートナーの企業紹介ボードを設置

関連URL

Sky

お茶の水女子大学

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス