1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 京都外大、共同開発のeラーニング支援アプリが世界大会で特別賞

2018年5月31日

京都外大、共同開発のeラーニング支援アプリが世界大会で特別賞

京都外国語大学は30日、同大の石川保茂教授(外国語学部・英米語学科)など共同研究メンバーが開発したeラーニング支援アプリケーション「MALO」が、世界大会「IMS Global Learning Impact Awards 2018」で特別賞を受賞したと発表した。

_prw_PI1fl_CSb10Wkm「IMS Global Learning Impact Awards」は、世界をリードする非営利団体のIMS Global Learning Consortiumが主催する表彰で、テクノロジーの教育利用で多大な貢献のあった優れた事案を表彰するもの。

今回開発された同大の「MALO」は、eラーニングの促進を目的に、スマートフォンやタブレットにも対応し、利用者間のメッセージ送受信や、知らない単語を登録できる単語帳機能が付加されている。

約1年間の効果検証では、授業外で複数の学生による協調学習が進んだことが確認された。

石川教授は、米国メリーランド州で5月24日(現地時間)に開かれた表彰式に出席。「この受賞を励みに、授業内外で学生と教員が学び合う学習環境充実にさらに寄与したい」と語っている。

関連URL

京都外国語大学

教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
CASIO 「カシオのプロジェクターで生徒とのシンクロ率が向上しました」 栄光ゼミナール 目白校 阿部先生
EPSON プログラミングやリスニング用ディスクなどを複数枚作るなら ディスクをカンタンに作成できる ディスク デュプリケーター
EDIX関西2018 出展社特集 掲載記事募集中
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 学校現場のICT活用情報 冊子を無料でお届け チエルマガジン申し込みへ
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • eラーニングの録画・配信 Matrox Monarch LCS
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス