1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 京都外大、共同開発のeラーニング支援アプリが世界大会で特別賞

2018年5月31日

京都外大、共同開発のeラーニング支援アプリが世界大会で特別賞

京都外国語大学は30日、同大の石川保茂教授(外国語学部・英米語学科)など共同研究メンバーが開発したeラーニング支援アプリケーション「MALO」が、世界大会「IMS Global Learning Impact Awards 2018」で特別賞を受賞したと発表した。

_prw_PI1fl_CSb10Wkm「IMS Global Learning Impact Awards」は、世界をリードする非営利団体のIMS Global Learning Consortiumが主催する表彰で、テクノロジーの教育利用で多大な貢献のあった優れた事案を表彰するもの。

今回開発された同大の「MALO」は、eラーニングの促進を目的に、スマートフォンやタブレットにも対応し、利用者間のメッセージ送受信や、知らない単語を登録できる単語帳機能が付加されている。

約1年間の効果検証では、授業外で複数の学生による協調学習が進んだことが確認された。

石川教授は、米国メリーランド州で5月24日(現地時間)に開かれた表彰式に出席。「この受賞を励みに、授業内外で学生と教員が学び合う学習環境充実にさらに寄与したい」と語っている。

関連URL

京都外国語大学

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス