1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. アシストマイクロ、教育ICT標準化規格を日本市場で後押し

2018年5月14日

アシストマイクロ、教育ICT標準化規格を日本市場で後押し

アシストマイクロは11日、2018年度から日本IMS協会の会員となり、日本市場における教育ICT標準化を強力に後押ししていくと発表した。

日本IMS協会は、米国IMS Global Learning Consortium (IMS-GLC)策定の教育ICT標準化規格の推進普及を目的とした非営利団体。

IMS-GLCは、学習管理システム(LMS)と学習ツールを連携させるLTI(Learning Tools Interoperability =学習ツールの相互運用性)規格を始め、あらゆる教育ICTシステムを連携させることを目的に、複数の規格を策定・推進している。

アシストマイクロは、LMSから動画プラットフォームまで、LTIに準拠した文教市場向けのソリューションを数多く手掛けており、LTIを日本市場に普及させることで、教育ICTシステムの利用促進を図っていく考え。

同社が販売する主なIMS規格対応製品は、Kaltura(統合動画プラットフォーム)、Moodlerooms(学習管理システム)、Blackboard Learn(学習管理システム)、Blackboard Collaborate(遠隔授業システム)、Turnitin(剽窃チェック&論文作成・指導ツール)など。

関連URL

アシストマイクロ

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
ICTクラブ大泉学園 無料プログラミング体験会 やってみなくちゃ分からない ゲームをプログラミングしよう!

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • すらら×学びのカスタマイズ
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス