1. トップ
  2. 先生サポート
  3. iTeachers TV Vol.391 越谷西特別支援学校中学部 佐藤裕理 先生(後編)を公開

2023年12月20日

iTeachers TV Vol.391 越谷西特別支援学校中学部 佐藤裕理 先生(後編)を公開

iTeachersとiTeachers Academyは20日、iTeachers TV Vol.391 埼玉県立越谷西特別支援学校中学部 佐藤裕理 先生による「「わかる」「できる」「やりたくなる」をICTで実感する 〜知的障がいのある子どもたちへのICT活用〜後編」を公開した。

特別支援教育におけるiPadの活用について、様々なアプリを用いた授業実践を紹介する。重度知的障がいのある児童生徒との「DropTalk」などのコミュニケーションアプリを活用した日常生活の指導や、「ピッケのつくる絵本」を活用した小学部児童に贈る絵本作りの取り組み。また、「JamBoard」や「Canva」、「TinkerCad」などのアプリを用いたSDGsに関する実践。そして、「Sphero」や「DropTalk」などを活用したプログラミング学習の取り組みについて話す。

佐藤先生は、埼玉県立越谷西特別支援学校教諭。知的障がいのある子どもたちのiPad活用やPowerPointでの教材開発、Minecraftなどのゲームを活用した授業実践を行う。マイクロソフト認定教育イノベーター、Apple Distinguised Educator、モリサワUDフォントエバンジェリスト、彩特ICT/AT.labo代表。

後半の「教育ICTなんでも3ミニッツ」。今回は、日本大学櫻丘高等学校の田中忠司 先生による「かゆいところはショートカットに任せよう」。

田中先生は、情報科教諭。校内のICT環境整備や情報教育における高大連携などを担当。また、所属系列校を対象に有志のICT勉強会を主宰し、教育活動でのICT活用の普及に努めている。Google for Education 認定トレーナー。

iT-Lv2

□ 「わかる」「できる」「やりたくなる」をICTで実感する 〜知的障がいのある子どもたちへのICT活用〜後編

□ 「わかる」「できる」「やりたくなる」をICTで実感する 〜知的障がいのある子どもたちへのICT活用〜前編

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
大塚商会のNext GIGA
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス