1. トップ
  2. 教育行政・入札
  3. 学習eポータル+AI型教材「キュビナ」、東京・町田市の全市立小中校が導入

2024年5月22日

学習eポータル+AI型教材「キュビナ」、東京・町田市の全市立小中校が導入

COMPASSは、同社が開発・提供する学習eポータル+AI型教材「キュビナ」が、東京都町田市の全市立小中学校で、指導の一環として正式採用されたと発表した。

同市では、児童生徒が、自己の特性や進度・意欲に合わせて学びを深める「個別最適な学び」の充実を目指しており、その一環として、全市立小中学校62校(小学1年~中学3年生)の約3万人を対象に「キュビナ」を正式採用し、4月から教育活動の中で利用している。

同市は、今回の導入に際して、「キュビナ」の使いやすさやAI機能を評価し、全校で採用することにした。今後は、「キュビナ」の活用で、子どもの学び方、授業のあり方が変わることにも期待を寄せている。

同社は現在、全国の小中学校約2300校、100万人以上に「キュビナ」を提供しており、累計解答数は15億件を突破。全国の子どもたちのアダプティブラーニングによる知識・技能の習得を支援している。

「キュビナ」は、2018年度から20年度まで3年連続で経産省「未来の教室」実証事業に採択されたほか、「日本e-learning大賞 経産大臣賞」「グッドデザイン賞」も受賞。

関連URL

「キュビナ」

COMPASS

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
大塚商会のNext GIGA
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス