1. トップ
  2. データ・資料
  3. 「就業体験があるインターンシップ」への参加を希望する学生が8割超 =学情調べ=

2024年5月22日

「就業体験があるインターンシップ」への参加を希望する学生が8割超 =学情調べ=

学情は20日、2026年3月卒業予定の大学生・大学院生を対象に実施した「インターンシップ/オープン・カンパニー」についてのインターネットアンケート調査の結果を公開した。

それによると、「就業体験があるインターンシップに参加したいですか?」の問いには、「参加したい」が81.9%に上った。「就業体験を通じて、希望する仕事に適性があるかを確かめたい」「インターンシップを通じて企業の雰囲気を知りたい」「実際の仕事を経験し、働くイメージを持ちたい」といった声が寄せられた。

「インターンシップは『オンライン』『リアル』どちらの形式で参加したいですか?」の問いには、「リアル」が37.5%に上った。「どちらかと言えばリアル」(26.4%)を合わせると、6割以上の学生がリアルでの参加を希望していることが分かる。「リアルとオンライン両方」は30.8%だった。「企業の雰囲気や、実際に働く社員の熱量はリアルのほうが分かると思う」「実際に仕事を体験したい」「企業に訪問することで得られる情報もあると思う」「仕事を経験し、就職活動でアピールできる経験を得たい」といった声が上がった。

「企業セミナーやグループワークなど、就業体験を伴わないオープン・カンパニーに参加したいですか?」の問いには、「参加したい」が83.1%に上った。「社会人と直接対話ができる機会には積極的に参加したい」「業界理解や仕事理解を深めるために参加したい」「インターンシップに参加する企業を探すために、オープン・カンパニーを活用したい」「特に興味のある企業はインターンシップに参加し、その他の企業はオープン・カンパニーに参加するなど、メリハリをつけて就職活動準備をしたい」といった声が寄せられた。

「オープン・カンパニーは『オンライン』『リアル』どちらの形式で参加したいですか?」の問いには、「リアル」が28.8%に上った。「どちらかと言えばリアル」(22.9%)を合わせると、約半数の学生がリアルでの参加を希望していることが分かる。「リアル」での参加を希望する学生の割合は、インターンシップ(63.9%)よりも12.2ポイント低くなった。「オンライン」「どちらかと言えばオンライン」の回答(15.0%)は、インターンシップ(5.3%)よりも約10ポイント高くなっている。

関連URL

学情

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
大塚商会のNext GIGA
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス