1. トップ
  2. データ・資料
  3. インターンシップ、7割以上の学生が「オンライン」より「リアル」を希望 =学情調べ=

2021年4月30日

インターンシップ、7割以上の学生が「オンライン」より「リアル」を希望 =学情調べ=

学情は、2023年3月卒業(修了)予定の大学生・大学院生458人を対象に実施した、就職活動に関するインターネットアンケート「インターンシップの参加方法(オンライン・リアル)に関する調査」の結果をまとめ、28日に発表した。

それによると、インターンシップで、「リアル」と「オンライン」の両方の選択肢がある場合に希望する参加方法は、「リアル」28.4%、「どちらかと言えばリアル」45.9%となり、74.3%の学生が「リアル」で参加したいと考えていることが分かった。

「オンライン」「どちらかと言えばオンライン」の回答は25.5%で、「リアル」が「オンライン」を48.8ポイント上回った。

「リアル」での参加を希望する学生からは、「リアルで参加した方が、企業の雰囲気を理解できると思う」「実際の勤務地に訪問した方が、働くイメージが湧くと思う」「実際に仕事を体験し、仕事理解を深めたり、志望理由を作ったりしたい」といった声が寄せられた。

「リアル」のインターンシップについては、96.9%の学生が「参加したい」と回答。大半の学生が、企業を直接訪問するインターンシップに参加したいと考えていることが分かった。

その理由としては、「実際に訪問し、企業の雰囲気を知りたい」「実際に仕事を体験したい」「画面越しよりも、より多くの情報を得られると思う」「本格的なインターンシップに参加し、就職活動の準備を進めたい」などの声が挙がっている。

一方で、「オンライン」のインターンシップについても、「参加したい」と回答した学生は96.5%に上った。

「参加方法に関わらず、インターンシップは就職活動のためになると思う」「Web面接を導入する企業も増えているので、オンラインでのインターンシップも経験しておきたい」「まだ志望する業種や職種を絞り込んでいないので、今はオンラインも上手に活用して情報収集したい」などの声が寄せられた。

オンラインも有効活用し、就職活動の準備を進めたいという意向が伺える。

この調査は、2023年3月卒業(修了)予定の大学生・大学院生で、新卒採用サイト「あさがくナビ2023」への来訪者を対象に、4月13日~21日にかけて、Web上でのアンケートという形で実施。有効回答数は458人。

関連URL

調査結果の詳細

「あさがくナビ(朝日学情ナビ)」

学情

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
リモートワークで使用するPCのセキュリティ対策できてますか? Yubi Plusで対策する! 先生方にもテレワークを! Yubi Plus
Classi 導入事例 客観的データに基づく学習指導 佐賀県立致遠館中学校・高等学校
jamf jamfは100を超える自治体で採用! Appleデバイス管理なら CLICK
NEWSサイト作成・運営 オウンドメディアに最適 wanitel

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • 学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • クラウド授業支援 ビデオ会議機能を搭載! TeacherView
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス