1. トップ
  2. データ・資料
  3. 2023年卒学生、91.2%が「仕事体験できるインターンシップに参加したい」と回答=学情調べ=

2021年8月18日

2023年卒学生、91.2%が「仕事体験できるインターンシップに参加したい」と回答=学情調べ=

学情は17日、2023年3月卒業(修了)予定の大学生・大学院生330人を対象に実施した、「インターンシップでの仕事体験」に関する就活インターネットアンケート調査の結果をまとめ発表した。

それによると、具体的に仕事体験(実務体験)ができるインターンシップについて、91.2%の学生が「参加したい」と回答。「参加したくない」8.8%の10倍以上の回答を集める結果となった。

「参加したい」とした学生からは、「ミスマッチをなくすために、仕事理解を深めたい」「セミナーなどで話を聞くだけでなく、実際に体験した方がより理解できると思う」「仕事を体験することで、適性や今後伸ばしていくべきポイントを知りたい」といった声が寄せられた。

就活だけでなく入社後を見据えて、「仕事体験」ができるインターンシップを希望していることが分かる。

仕事体験(実務体験)ができるインターンシップに参加する際に、希望する参加日数を聞いたところ、「2日~3日」が52.2%で最多だった。

その理由として、「1日では仕事や会社の雰囲気を理解することが難しいと思う」「1週間以上などになると、他の企業のインターンシップに参加することが難しくなってしまう」「部活動などのスケジュールを考えると、数日間で参加できるインターンシップが参加しやすい」などの声が寄せられた。

「複数日程のインターンシップで、仕事内容や企業の雰囲気の理解を深めたい」「複数の企業のインターンシップに参加したい」という思いが、「2日~3日」開催の人気につながっていると想定される。

ンターンシップでは、「仕事体験と会社の雰囲気を知ることのどちらをより期待するか」との質問では、「仕事を体験したい」(48.1%)と、「会社の雰囲気を知りたい」(51.9%)がほぼ同割合だった。

この調査は、2023年3月卒業(修了)予定の大学生・大学院生で、新卒採用サイト「あさがくナビ2023」へのサイト来訪者を対象に、8月2日~10日にかけて、Web上でのアンケートという形で実施。有効回答数は330人。

関連URL

調査結果の詳細

「あさがくナビ(朝日学情ナビ)」

学情

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Yubi Plus 先生方にもテレワークを! 埼玉県 狭山市教育委員会 様 テレワーク実践事例 詳しくはこちら
Classi GIGAスクール時代における学校教育・学習指導について考える会(無料) 9.21(水)16:00-/9.28(火)16:00- お申し込み受付中 
ニュース記事の作成・提供 膨大なリリースから最適なネタを選択し記事化して廉価で提供 取材記事も作成可能 WANITEL Web-News Writing Service

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • GIGAスクール構想 機器のお悩みはこちら 24時間365日受付
  • 採点はラクになる! デジタル採点システム 基本機能だけならずっと無料 YouMark Personal
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス