1. トップ
  2. データ・資料
  3. 2023年卒学生、就活相談をしたい人は「OB・OG」が最多=学情調べ=

2021年10月21日

2023年卒学生、就活相談をしたい人は「OB・OG」が最多=学情調べ=

学情は20日、2023年3月卒業(修了)予定の大学生・大学院生511人を対象に実施した、就職活動の「OB・OG訪問に関するインターネットアンケート」の結果をまとめ発表した。


それによると、就活の相談をしたい人は「OB・OG(若手社会人)」が68.3%で最多。次いで、「企業の人事担当者」53.4%、「キャリアセンターの職員」51.1%と続いた。

学生からは、「企業の良い面はセミナーやインターンシップを通して知ることができる。リアルな声を聞いてみたい」、「ホームページには載っていない情報を得たい」、「実際に働く人の話を聞くことで、自分が働くイメージを具体的に描きたい」などの声が寄せられた。

「OB・OG(若手社会人)」への相談を通して、企業のリアルを知り、自身が働くイメージを具体化したいと考えていることが分かる。

OB・OG訪問で相談したい社会人トップは、「志望している業界の人」80.4%だった。次いで、「志望している職種の人」67.9%、「同じ学部・学科・コース出身の人」46.8%、「同じ学校出身の人」44.8%と続いた。

「面接官の経験がある人」や、「リクルーターをしている人」は3割以下に留まった。OB・OG訪問では、採用活動に携わっている人ではなく、採用活動に携わっていない人から話を聞くことを重視していると推察される。

OB・OG訪問で相談したいことは、「就活に関するアドバイス」が86.1%で最多。次いで、「仕事内容・1日の業務スケジュール」68.9%、「社風・人間関係」65.4%と続いた。

オンラインでのOB・OG訪問について、「ぜひやってみたい」「どちらかと言えばやってみたい」と回答した学生が90.6%に上った。

「オンラインだと、時間や場所を選ばないので、対応する社会人の負担も少ないと思う」、「コロナ禍で直接会える機会が減っており、オンラインも積極的に活用したい」などの声が寄せられた。

この調査は、2023年3月卒業(修了)予定の大学生・大学院生で、新卒採用サイト「あさがくナビ2023」への来訪者を対象に、9月30日~10月15日にかけて、Web上でのアンケートという形で実施。・有効回答数は511人。

関連URL

調査結果の詳細

「あさがくナビ(朝日学情ナビ)」

学情

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
YubiPlus 先生方にもテレワークを! 狭山市導入事例 詳しくはこちら
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
ニュース記事の作成・提供 膨大なリリースから最適なネタを選択し記事化して廉価で提供 取材記事も作成可能 WANITEL Web-News Writing Service

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • Biz安否確認/一斉通報 アカデミックプラン 導入説明会を無償提供
  • 使いやすさNo.1の充電保管庫 早割キャンペーン 詳しくはこちら! lockncharge
  • Microsoft Surface 生徒の学びのためのSurface Laptop SE NEW 税抜2万円台~
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス