1. トップ
  2. データ・資料
  3. 就活準備の相談をしたい人は「OB・OG」「キャリアセンターの職員」が最多 =学情調べ=

2020年11月9日

就活準備の相談をしたい人は「OB・OG」「キャリアセンターの職員」が最多 =学情調べ=

学情は、2022年3月卒業(修了)予定の大学生・大学院生239人を対象に実施した、「就職活動準備について相談したい人」に関するインターネットアンケート調査の結果をまとめ、6日に発表した。

それによると、就活準備について相談したい人は、「OB・OG(若手社会人)」「キャリアセンターの職員」が、ともに66.5%で最多で、次いで、「企業のインターンシップ担当者」57.7%、「同学年の友人」42.7%が続いた。

OB・OGや企業のインターンシップ担当者など、志望する業界や企業で働く若手社会人に相談したいというニーズとともに、自身の通う大学のキャリアセンターの職員に相談したいというニーズも高いことが分かった。

「OB・OG(若手社会人)」に聞いてみたいことは、「今の仕事、今の会社を選んだ理由」が74.5%で最多。次いで「内定に至ったと思うポイント」73.6%、「入社前と入社後のギャップ」63.2%と続いた。

「大学4年生」に聞きたいことは、「内定に至ったと思うポイント」が67.8%で最多。次いで、「3年生のうちにやっておくべきこと」66.5%、「就職活動で苦労したこと」65.3%、「内定先への入社を決めた理由」65.3%と続いた。

大学4年生の先輩には、就職活動成功のためのノウハウを聞きたいというニーズが伺える。

この調査は、通年採用対応ジョブ型インターンシップサイト「あさがくナビ2022」への来訪者を対象に、10月24日~28日にかけて、Web上でのアンケートという形で実施。有効回答数は239人。

関連URL

調査結果の詳細

学情

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
文科省指定校神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介 Classi
自立学習型能力開発 ICT教材の利活用にお悩みの先生へ 導入事例をご紹介 速読解力講座 速読聴英語講座 簡単入力で資料請求
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • マルチプラットフォーム辞書 DONGRI 活用事例集プレゼント!
  • スタディサプリ これがICT教材のトータルパッケージ 1分で資料入手!
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス