1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 学習eポータル+AI型教材「Qubena」、利用者数が昨年比2倍の100万人突破

2022年9月13日

学習eポータル+AI型教材「Qubena」、利用者数が昨年比2倍の100万人突破

COMPASSは12日、同社の学習eポータル+AI型教材「Qubena」(キュビナ)の利用者数が昨年8月時点の50万人から、2倍となる100万人を突破したと発表した。

同社は昨年度、「Qubena 小中5教科対応版」のサービス提供を開始し、全国50万人が利用するようになったが、この1年間で新たに多くの自治体・学校が導入。利用者数が昨年比2倍の100万人を突破し、全国170以上の自治体、約2300校の小中学校が導入するようになった。

9月から新たに学習eポータル機能を搭載してサービスを開始した学習eポータル+AI型教材「Qubena」では、MEXCBTとの連携を行い全国学力学習状況調査にも対応。今後、さらなる学習データの利活用で、100万人の子どもたちの「個別最適な学び」の実現を加速していく方針。

「MEXCBT」との連携だけでなく、「EDUCOMマネージャーC4th」や「ツムギノ」をはじめとする校務支援システムとの連携、国際技術標準規格「OneRoster」への対応のほか、今後はデジタル教科書や他のデジタル教材との連携も見据えている。

また同社は、9月15日にオンライン開催される「令和5年度全国学力・学習状況調査に利用可能な学習eポータル説明会」(主催:ICT CONNECT 21)に、学習eポータル事業者として登壇。学習eポータル+AI型教材「Qubena」の説明を行う。

同社は、新規利用自治体を対象に、「Qubena」の無償提供を2024年3月まで実施しており、同説明会でも詳しく解説する。

【学習eポータル説明会の概要】
開催日時:9月15日(木)14:15~
開催方法:YouTubeライブ配信(視聴URL
主な内容:学習eポータル事業者(7社)による説明会(1社15分×7社)
詳細

関連URL

「Qubena」

COMPASS

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス