1. トップ
  2. 教育行政・入札
  3. AI型教材「Qubena」、北海道豊富町の全小中学校4校・約210人が利用

2022年8月22日

AI型教材「Qubena」、北海道豊富町の全小中学校4校・約210人が利用

COMPASSは19日、同社のAI型教材「Qubena」(キュビナ)が、北海道豊富町の全町立小中学校4校で指導の一環として正式採用され、生徒約210人が利用していると発表した。

同町では、2021年度から一部小中学校で「Qubena」を先行導入して利用していたが、今回、2022年度の教育行政執行方針の中の学力向上に向けた取り組みの1つとして正式採用。

全町立小中学校4校の約210人(小学3年~中学3年生、一部小学校は全学年が導入)が今年5月から利用を開始した。

「Qubena」は、AI が生徒一人ひとりの習熟度に合わせて最適な問題を出題するAI型教材で、2021年度には小学校・中学校の5教科対応版をリリース。全国の小中学校1800校、約50万人が利用している。

今年9月には「MEXCBT」との連携を行い、学習eポータル+AI型教材「Qubena」として学習eポータルのサービス提供を開始する。

関連URL

「Qubena」

北海道豊富町

COMPASS

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス