1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 東洋館出版社、教職員の経済的自己負担を考える新刊「教師の自腹」を発売

2024年5月27日

東洋館出版社、教職員の経済的自己負担を考える新刊「教師の自腹」を発売

東洋館出版社は、近年社会問題化している教職員の経済的自己負担について考え、その解決策などを提案する新刊「教師の自腹」を、5月28日に発売する。

同書では、全国の公立小・中学校に勤務する1034人の教職員を対象に、「教職員の自己負担額に関する調査(2022年度間)」を実施し、教職員による経済的自己負担の経緯や名目、金額と頻度などを調査。その結果、回答者1034人中784人、つまり8割弱が2022年度の1年間に自腹を経験していたことが分かった。

この調査結果をもとに、同書は、自腹の状況を数値で共有したうえで、当事者から寄せられた様々な声を踏まえ、①学校財務マネジメントの確立、②ヒト、モノ、カネへの意識改革、③学校財務制度の改善、④教育行政との連携―といった現時点で示せる解決策を提案。これまで手つかずとなってきた状況を、まずは1歩前に進めるべきだとしている。

私費にたよらない真の意味での「公」立学校の実現のため、教育行政の専門家である福嶋尚子氏(千葉工業大学准教授)が個別事例や意見を丁寧に検討し、古殿真大氏(名古屋大学大学院生)が1000件を超える回答の量的分析を執筆。現役で学校の財務を担う栁澤靖明氏(公立中学校事務職員)が具体的な解決策の章を担当している。

また、同書の刊行を記念して、「自腹について話そう」と題する無料オンラインイベントを、6月7日に開催する。当日は、同書の著者陣と参加者全員で、寄せられた体験談や悩み、意見について一緒に考える。

【書籍の概要】
書名:「教師の自腹」
発売日:5月28日(火)
著者:
・千葉工業大学工学部教育センター准教授・福嶋尚子氏
・埼玉県川口市立青木中学校事務主幹・栁澤靖明氏
・名古屋大学大学院教育発達科学研究科博士後期課程院生・古殿真大氏
判型:四六判・328頁
価格:2310円(税10%)

詳細

【オンラインイベント概要】
開催日時:6月7日(金)
開催方法:Zoomウェビナー(アーカイブ配信あり)
参加費:無料

詳細・申込

関連URL

東洋館出版社

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
大塚商会のNext GIGA
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス