1. トップ
  2. データ・資料
  3. 約6割の学生がChatGPTの活用経験あり =i-plug調べ=

2024年6月6日

約6割の学生がChatGPTの活用経験あり =i-plug調べ=

i-plugは4日、2025年卒業予定学生に実施した、ChatGPTあるいはChatGPT等の生成系AIを搭載したサービスの活用に関する調査結果を発表した。

「今までにChatGPT等を活用したことがある」と回答した25卒学生は、60.5%で、約6割の学生は活用経験がある。活用場面は、「就職活動」が最多の45.8%。他にも、大学の授業や課題/研究で活用している。

就職活動で活用した場面は、「エントリーシートの履歴書の添削」が最多の73.5%。次いで「エントリーシートや履歴書の作成」が47.1%。

エントリーシートや履歴書を作る際に活用した項目は、「志望動機」が最多の81.3%。次いで「自己PR」が73.8%。

今後も「ChatGPT等を活用したいか」については、63.2%の学生が「活用したい」または「とても活用したい」と回答。「活用したくない」「あまり活用したくない」はわずか11.8%だった。

調査概要

調査期間:5月8日(水)~10日(金)
調査方法:インターネット調査
調査対象:OfferBoxに登録している2025年卒業予定の学生
有効回答数:613件

関連URL

i-plug

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
大塚商会のNext GIGA
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス