1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. 考学舎、小中高生向けの「時事作文コンテスト 2024 夏」協賛企業の募集開始

2024年6月14日

考学舎、小中高生向けの「時事作文コンテスト 2024 夏」協賛企業の募集開始

考学舎は12日、小学校6年生から高校生を対象にした「時事作文コンテスト 2024 夏」の協賛企業の募集を開始した。

「時事作文コンテスト」は2021年から開催しており、昨年は全国からおよそ600名の応募があった。第4回となる今回は、2024年の上半期の新聞記事のうち、「生活」、「政治」、「経済」、「環境」、「科学技術」、「文化」の6つのカテゴリから自由に題材を選んで作文を応募することができる。さらに、今年度からは生成AIを使用した幅広い知見を前提とした「生成AI活用部門」を新たに追加する。

同コンテストは「イマ起きていることから未来を変えよう!」というテーマのもと、未来に向けて、社会がより良くなる提案をまとめた作文を募集。個人での応募のほか、学校単位での団体応募も可能。応募作品は、考学舎の講師のほか、「時事学」のコメンテーターなど複数の外部審査員による厳正な審査を経て、「一般部門」、「生成AI活用部門」の各部門からそれぞれ最優秀賞1名、優秀賞3名が選定される。

同コンテストを通して、事業目的に賛同する協賛企業を募集している。「中高生の興味関心や思考力の今が見える集計結果」の提供、時事学公式HPや冊子「時事学年間まとめ」へのロゴの掲出などを予定している。

協賛企業募集の概要

協賛金額/内容:
■10万円
中高生の興味関心や思考力の今が見える集計結果」のフィードバック提供、時事学公式HP内コンテストサイト、時事学公式 HP・時事学年間まとめ(冊子)へのロゴ掲出、団体応募校への個別フィードバックへのロゴ掲載
■5万円
時事学公式HP内コンテストサイト、時事学年間まとめ(冊子)へのロゴ掲出、団体応募校への個別フィードバックへのロゴ掲載
■3万円
時事学公式HP内コンテストサイトへのロゴ掲出

コンテスト詳細

問い合わせ

時事学事務局
info@jijigaku.com

関連URL

考学舎

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス