1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. JTB、親子で楽しみながら学べる体験コンテンツ「OYACONET」の提供開始

2024年7月10日

JTB、親子で楽しみながら学べる体験コンテンツ「OYACONET」の提供開始

JTBは9日、普段の生活を舞台にして、親子で楽しみながら学べる仕掛けを施したエデュテイメント商品「OYACONET-QUEST」(おやこねっと くえすと)の提供を開始した。

エデュテイメントとは、教育(エデュケーション)と娯楽(エンターテインメント)を合わせ「楽しみながら学ぶ」ことを表した造語。

「OYACONET」は、主に小学生を対象に、世の中の様々な場所、モノ、コト、情報との出会いを楽しみながら学びにつなげられるように、クエスト(ミッションチャレンジ)様式に仕立てて、体験型教材として家庭に届けるコンテンツ。

実施場所は、旅行や出かけ先だけでなく、図書館やショッピングモールといった普段の生活関連施設も対象としており、「家の中」も体験のステージに変える。ユーザーにはこれまでの体験の概念を覆す革新的な価値を、クエストの素材提供者である事業者には子育てファミリーとの新たな接点を提供する。

監修者は、各種エデュテイメント商品を手掛け、子どものモチベーションを熟知している「Edutainment Education」代表取締役・正頭英和氏。「OYACONET」には、「調べる」「作る」「試す」という体験活動の3要素と、体験を動機づける「子どもが楽しむための仕掛け」が組み込まれている。

「OYACONET」の第1弾として、家族で楽しめる「おさるのジョージ スペシャルエディション」を、7月17日に発売する。「おさるのジョージ」があしらわれたパッケージの中には、レベル分けされた24のクエストカードに加え、おさるのジョージ専用バインダーも付いている。

おさるのジョージは、米の絵本作家レイ夫妻が1941年に刊行し絵本「Curious George」に登場するキャラクターとして生み出されたもので、日本ではその絵本が「ひとまねこざる」シリーズとして1954年に出版されて以来、多くの人々に愛されている。

「おさるのジョージ スペシャルエディション」では、エデュテイメントの仕掛けとしてビンゴを採用。3種類のビンゴカードにはクエストを実施するマスに加え、「家庭でのお手伝い」と「生活習慣」が書かれたマスがあり、子どもがビンゴに取り組むことで、様々な体験とお手伝い、そして生活習慣アクションを一挙に解決できる商品になっている。

また、ビンゴを達成した際には、家庭で実施するごほうびが書かれた「ごほうびくじ」が用意されており、子どもの意欲を掻き立てる。ビンゴカードとごほうびくじの内容は、各家庭でカスタマイズできるようになっており、親子で話をしながら家庭オリジナルの体験キットにすることも、親子の心豊かな時間を創り出す仕掛けになっている。

「おさるのジョージ スペシャルエディション」概要
発売日:7月17日(水)
価格:1980円(税込)
販売個数:5000個(予定)
購入方法:Amazonで販売予定

「おさるのジョージ」

関連URL

「OYACONET-QUEST」

JTB

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス