1. トップ
  2. 動画ニュース
  3. iTeachers TV Vol.264 森村学園中高 江口 徹 先生(前編)

2021年3月11日

iTeachers TV Vol.264 森村学園中高 江口 徹 先生(前編)

iTeachersとiTeachers Academyは10日、iTeachers TV Vol.264 森村学園中等部・高等部の江口 徹 先生による「ICTで主体性を引き出す部活動(前編)」を公開した。

変化の激しい時代でも、自分の道を切り拓くことができるようになるには、自ら考え、実践し、学ぶことが必要。それを体験する機会として「部活動」は最高の教材と言える。「部活動」を最高の教材にさせるのは生徒の主体性。主体性引き出すには、活動内容に対し、「わかる・できる・やってみたい」という3要素が揃っている必要がある。そのためにはプレーをより認知することがポイントだと考えたという。そしてこの認知力を高めることを目的としてICTを導入することにした。

江口先生は、Microsoft認定教育イノベーター2020-2021。2016年4月から森村学園中等部・高等部保健体育科専任教諭。2018年4月からサッカー部顧問。技能レベルに関係なく、夢中になることができる授業・部活動をめざす。

後半の「教育ICTなんでも3ミニッツ」。今回は、情報通信総合研究所の平井 聡一郎 氏による「電子黒板で授業デザイン!」。

平井先生は、茨城県の公立小、中学校で22年間、市町及び県教委で指導主事として11年間勤務する。古河市教育委員会参事兼指導課長を最後に公務員を退職し、現職。併せて、文科省、総務省の教育ICTに関わる委員を歴任。現在、全国各地でICT機器活用による教育改革に取り組み、特に小学校でのプログラミングの普及に多くの実践を重ねている。教材やITシステムの開発を担当。現在では、iPhoneやiPadを使った学生とのインタラクティブな授業を実践。

iT-Lv2

□ ICTで主体性を引き出す部活動(前編)

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • GIGAスクールで育む創造性 Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス