1. トップ
  2. 動画ニュース
  3. iTeachers TV Vol.379 日本体育大学柏高校 森中里衣 先生(後編)

2023年9月28日

iTeachers TV Vol.379 日本体育大学柏高校 森中里衣 先生(後編)

iTeachersとiTeachers Academyは27日、iTeachers TV Vol.379 日本体育大学柏高等学校 森中里衣 先生による「ICT活用で生徒も教員も日々新しい発見を!(後編)」を公開した。

授業でのICT活用例を紹介する。2023年度は受け持っている授業が3学年のみということもあり、授業では生徒が英語を「学習する」というよりは「使う」に重きを置いて、「インプット < アウトプット」を意識して展開している。そこで大活躍するのがICTを利用した授業作りだと感じている。英語の授業での導入・展開・まとめのあらゆる場面でICTを取り入れることで、英語を「使う」・「触れる」ことへの手軽さのイメージを生徒へ植えることができると考えている。

森中先生は、日本大学文理学部英文学科を卒業、1年間文理学部の任期制職員として勤務。その後2020年度から2年間、上野学園中学校高等学校で非常勤講師として勤務後、2022年度から現在の日本体育大学柏高等学校に常勤講師として着任。同年にロイロ認定ティーチャー、2023年度に入りApple TeacherとApple Teacher Swift Playgroundsの認定を取得。

後半の「教育ICTなんでも3ミニッツ」。今回は、玉川大学の小酒井正和 先生による「授業で使える!ツール活用講座」。今回紹介するのは、「」。

平井氏は、茨城県の公立小中学校、教育委員会で33年間の勤務を経て現職。茨城大学非常勤講師、経済産業省産業構造審議会臨時委員、文部科学省学校教育情報化推進専門家会議委員、文部科学省ICT活用教育アドバイザー、総務省地域情報化アドバイザー、内閣官房デジタルの日検討委員会WG委員、他複数の自治体の教育アドバイザーを務める。現在は、全国を廻り、ICT機器整備からその活用、プログラミングやオンライン授業まで、ICT活用全般のコンサルティングに取り組んでいる。

iT-Lv2

□ ICT活用で生徒も教員も日々新しい発見を!(後編)

□ ICT活用で生徒も教員も日々新しい発見を!(前編)

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
大塚商会のNext GIGA
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス