1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. 早稲田大学ほか/アプリプログラムコンテストで学生の起業家精神育成

2013年6月24日

早稲田大学ほか/アプリプログラムコンテストで学生の起業家精神育成

早稲田大学産学官研究推進センターインキュベーション推進室とゼンリンデータコムは20日、学生の起業家精神を養うイベントとして「第1回早稲田大学アプリケーションプログラムコンテスト」の開催を発表した。

早稲田大学の学生チームや、早稲田大学と他大学の学生との混成チームが、与えられたテーマにあったアプリケーションとビジネスプランを一定期間内で作成。その後、オンラインでのプレゼンテーションを実施し、他学生などの評価を受けることで、ユーザーやマーケットを考慮したアプリケーション開発の重要性を体験し、起業家精神を育てることを目的としている。

今回のコンテストは、「位置情報を使ったサービスの開発」がテーマ。

ゼンリンデータコムがコンテスト期間中、「いつもNAVI」のAPI(ソフトウェアコンポーネントが互いにやりとりするのに使用するインタフェースの仕様)を無償解放することで、位置情報関連のサービス開発が可能となる。

審査委員には早稲田大学教員、ゼンリンデータコム関係者のほか、ベンチャー起業家、ベンチャーキャピタリストなど、ベンチャー支援者が参加。

優秀なプランについては今後、事業化や起業を含めた支援を行うことも視野にいれている。

開催概要

主 催:早稲田大学産学官研究推進センターインキュベーション推進室
共 催:早稲田大学 グリーン・コンピューティング・システム研究機構、早稲田大学 遠隔教育センター
後 援:ゼンリンデータコム
開発期間:2013年7月~2014年1月上旬
一次審査締切:2014年1月上旬
一次審査期間:2014年1月上旬から下旬
最終発表会:2014年2月28日(金)
最終発表会会場:早稲田大学 グリーン・コンピューティング・システム研究開発センター(東京都新宿区早稲田町27 早稲田大学40号館)

問い合わせ先

早稲田大学インキュベーション推進室
incubation@list.waseda.jp

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
GIGAスクール構想 標準仕様書スペックに対応したタブレット端末が登場 Sky安心GIGAタブレット Windows10 Office 365搭載 Sky
小学校の1人1台学習をサポートする 非営利型一般社団法人 Just-learning

アーカイブ

  • 「GIGAスクール構想」に最適なアクセスポイントとは? 成功のカギは、Wi-Fiから FURUNO SYSTEMS
  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス