1. トップ
  2. 教育行政・入札
  3. 総務省/教育分野における最先端ICT利活用に関する調査研究の委託先候補決定

2013年8月23日

総務省/教育分野における最先端ICT利活用に関する調査研究の委託先候補決定

総務省は22日、2013年度「教育分野における最先端ICT利活用に関する調査研究」の委託先候補を決定した。

事業の概要は、フューチャースクール推進事業で判明した運用上の対応では解決できない課題について、技術的な解決を図るとともに、本格的な普及・展開を見据えて、クラウド・コンピューティング技術を最大限活用し、学校と家庭がシームレスでつながる教育・学習環境の構築に向けた調査研究を行うというもの。

6月14日から7月16日まで公募を行ったところ5件の提案があり、その中から日本教育工学振興会が委託先候補として選定された。

提案内容は、教育分野における最先端ICT利活用に関し、クラウド・コンピューティングや多種多様な端末を活用した低廉でアクセシビリティの高い持続可能な全国普及モデルの検討と開発(評価版)を行い、検証するというもの。

関連URL

事業イメージ(pdf)

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
KDDIまとめてオフィス 教育現場のタブレット 導入実績多数!まとめてサポート
教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社
EDIX2019出展者特集 掲載記事募集中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×オーダーメイドの学び
  • 4月3日(水)最新号発行!無料でお届け。 チエルマガジンお申し込み CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス