1. トップ
  2. ツール・教材
  3. NTTドコモ/SNSなどのコンテンツ提供会社へ年齢判定情報の提供サービス

2013年9月18日

NTTドコモ/SNSなどのコンテンツ提供会社へ年齢判定情報の提供サービス

エヌ・ティ・ティ・ドコモ(NTTドコモ)は10日、青少年保護の取り組みの一環として、CGM(ブログやSNSなど消費者が内容を生成するメディア)コンテンツの提供会社に対して、携帯電話利用者の年齢判定情報を提供するサービスを開始した。

年齢制限のあるコンテンツを利用する際に、利用者が各コンテンツ提供会社の指定する年齢に達しているか否かを判定し、コンテンツ提供会社に通知するもので、あらかじめ利用者から申し出のあった利用者情報を活用する。

これにより、コンテンツ提供会社は利用者の年齢判定情報を活用したサービス提供を行うことが可能となり、利用者はより安心・安全にCGMコンテンツを使用することができる。

通知先コンテンツ提供会社はLINE、機能制限等の開始時期は9月下旬(予定)。その他の通知先コンテンツ提供会社は順次追加となる予定。

問い合わせ先

NTTドコモ 問い合わせ

ICT活用による公立校の学力向上大作戦 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
Microsoft Officeの小学生向け学習支援ソフト こどもOffice(R) ぼくたちは、世界標準で学ぶ GIGAスクール構想にも最適です!
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 子供と向き合う時間を創出する 学校の新ワークスタイルをご提案! ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス