1. トップ
  2. ツール・教材
  3. アマゾン ジャパン/ハイスペック・タブレット2機種を販売開始

2013年10月17日

アマゾン ジャパン/ハイスペック・タブレット2機種を販売開始

アマゾン ジャパンは16日、新しいタブレット「Kindle Fire HDX」と「Kindle Fire HD」の予約販売を開始した。

「Kindle Fire HDX」と「Kindle Fire HD」

「Kindle Fire HDX」は、最新のFire OSと読書時の長時間バッテリーやクイックスイッチなどの新機能や、AmazonならではのKindleオーナーライブラリーなどのサービスを備えたタブレットで、7インチと8.9インチがある。

高い画素密度(7インチで332PPI、8.9インチで339PPI)と、忠実に色彩を再現する100% sRGBで、写真家が必要とするような高いクオリティの画像やビデオが表現できるという。

2GHz以上のプロセッサーを搭載し、滑らかな操作性を実現。

8.9インチは軽量(374g)・薄型(厚さ7.8mm)で、前世代機よりも34%軽くなった。

また、「Kindle Fire HD」は、1.5GHz デュアルコアプロセッサーを搭載。

216PPI のHD ディスプレイと、スリムで軽くなった新しいデザインが特徴。

OSはKindle Fire OS 3.0 「Mojito」を搭載し、クイックスイッチや、おやすみモード、クラウド・コレクションを含む何百もの新しい機能がある。

Kindle Fireシリーズは、クロスプラットフォームの相互運用性で、Amazonのコンテンツなら、iOSやAndroid に関わらず多くの端末で楽しめる。

Kindleアプリ、MP3アプリであれば、iOSとAndroid端末、Amazon Android アプリストアであればAndroid端末で、いつでもどこでも簡単にコンテンツにアクセスできるという。

7インチのKindle Fire HDXは2万4800円(税込)、8.9インチは3万9800円(税込)。ともに11月28日から出荷の予定。

Kindle Fire HDは1万5800円(税込)で、11月5日から出荷の予定。

関連URL(予約販売サイト)

7インチKindle Fire HDX
8.9インチKindle Fire HDX
Kindle Fire HD

問い合わせ先

アマゾン ジャパン

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 探究型の学びに最適! Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス