1. トップ
  2. データ・資料
  3. アークコミュニケーションズ/多言語化進む日本の大学Webサイト 多言語対応調査

2013年11月7日

アークコミュニケーションズ/多言語化進む日本の大学Webサイト 多言語対応調査

アークコミュニケーションズは、世界の名門大学Webサイトの多言語対応状況について調査した「多言語対応状況調査報告2013」を公開している。

留学生獲得におけるWebサイトの役割に注目して調査を実施。

世界の大学ランキング上位400大学から選定基準を設け、169大学に調査対象を選定。各国の大学の留学生受入れ人数や、出身地域の使用言語などを比較し、国ごとの傾向を分析した。

その結果、「98%というほぼ全ての大学に英語のWebサイトがある」「英語圏では英語以外の言語のWebサイトはほとんど見られず、母国語が英語以外の国の大学のほうがWebサイトの多言語化が進んでいる」という傾向が判明した。

日本の大学については、Webサイトの多言語化が進んでおり、多言語の留学生獲得数も多いことが分かった。これは、近隣諸国に留学派遣大国(1位中国、3位韓国)が存在していることなど、地理的要因が関係しているのではないかと推測している。

関連URL

Webサイトの多言語対応状況 調査レポート

問い合わせ先

アークコミュニケーションズ
電 話:03-5730-6133

ICT活用による公立校の学力向上大作戦 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
ぼくたちは、世界標準で学ぶ こどもOffice(R) Microsoft Officeの小学生向け学習支援ソフト 製品サイトへ
NICA 全国ICTクラブ協会 Webニュースライター講座 ≪オンライン開催≫ あなたもプロになれる!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 子供と向き合う時間を創出する 学校の新ワークスタイルをご提案! ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス