1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 博報堂/新たな価値を創造するプロジェクト「未来教育会議」発足

2014年2月4日

博報堂/新たな価値を創造するプロジェクト「未来教育会議」発足

博報堂は3日、ブランディング専門組織「博報堂ブランドデザイン」が、「未来教育会議」を発足し、3月の活動開始に向け、参加企業・団体の募集を開始した。

未来の社会と子ども、教育のあり方を多様なステークホルダーと共に考え、新たな価値を創造するプロジェクトが「未来教育会議」。

生活者、企業、学校、地域社会、NPO、行政などと共に、一組織、一企業ではアプローチが難しいシステム全体を改善するアイデアを生み出していく「共創」のプロセスに特長がある。

「未来教育会議」は、2011年8月に発表したプログラム「bemo」の第二弾。第一弾はフードロス(=食品ロス)をテーマにした「フードロス・チャレンジ・プロジェクト2」を2012年12月に立ち上げ、参加企業・団体と共に新たな事業モデルを開発、実行している。

関連URL

「bemo(ベモ)」のニュースリリース(2011年8月10日)
「フードロス・チャレンジ・プロジェクト」(2012年12月10日)
未来教育会議Web サイト

問い合わせ先

未来教育会議

 

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社
EDIX2019出展者特集 掲載記事募集中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×オーダーメイドの学び
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス