1. トップ
  2. データ・資料
  3. スクー/東大との生放送授業に1700人以上が参加

2014年4月22日

スクー/東大との生放送授業に1700人以上が参加

スクーは21日、運営するサービスリアルタイム動画学習サービス「schoo WEB-campus(schoo)」と、東京大学が実施した合同生放送授業の受講者データを公開した。

ワークショップの様子

合同生放送授業は、「schoo」と東京大学 知の構造化センターが主宰する全学教育プログラム「東京大学 i.school」が提携し、”オンラインだからこそできる新しいイノベーション講義・ワークショップ”のあり方を模索する取り組み。

受講は無料。全8回を予定しており、毎週水曜日に「schoo」で実施する。また、ワークショップを6月3日から3週続けて行う予定。

16日に実施した第1回は、1743人が受講し、平均滞在率は91.7%になった。また、受講者の最年長は84歳、最年少は13歳で、平均年齢は34.5歳。

受講者のデータ一覧

スクーは、約91%の受講者が60分の授業を受講完了できた理由を、「双方向性」の追求と分析。授業内でオンラインワークと講義を組み合わせ、後半にリアルタイムの質疑応答を実施することで、学習意欲にこたえるコンテンツ設計が可能となった。

また、13歳から84歳までの幅広い年齢層の受講者が、「一緒にオンラインワークを行った」ことにも強い可能性を感じているという。

今後、さらに異世代間コミュニケーションの活性化を促進し、インターネットならではの新しい学習効果の開発を目指す。また、大学や教育機関と積極的にコンテンツ共同開発を進めていく。

関連URL

schoo WEB-campus

東京大学 知の構造化センター

小学校でもICTへの備え 双方向の指導を実現 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス