1. トップ
  2. ツール・教材
  3. SCSK/米Ixiaのネットワークタップ製品群の提供開始

2014年5月15日

SCSK/米Ixiaのネットワークタップ製品群の提供開始

SCSKは14日、米Ixiaのネットワークタップ(*1)「NetOptics(ネットオプティクス)」製品群の提供を開始した。

NetOpticsの製品群

SCSKは、「NetOptics」の販売、導入、保守・サポートを担当し、米Ixiaの日本法人イクシアコミュニケーションズが日本国内の販売サポートを担当する。

「NetOptics」は、重要な通信に一切影響を与えることなく、実際にネットワークに流れているすべての通信情報を転送し、さまざまなセキュリティ機器、モニタリング機器へ通信情報の供給を行い、より安全なネットワーク可視化を安価に実現する。

また、ラインアップには、ネットワーク機器に障害が発生した場合でも、即時に通信経路を切り替え、通信を止めないバイパススイッチもあり、ネットワークの可用性向上にも大きく寄与する。

SCSKは、1年間で3億円の販売を目指すという。

(*1)ネットワークタップ:通信経路を流れるネットワーク信号を安全かつ確実に分岐、取り出しを行う装置。

関連URL

SCSK Ixia製品総合紹介ページ

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
ICTクラブ大泉学園 無料プログラミング体験会 やってみなくちゃ分からない ゲームをプログラミングしよう!
出展情報・商談予約 6月19日~21日開催 EDIX2019 出展者特集

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • 文武両道を実現! すらら×東海大学菅生高等学校
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス