1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. 筑波大学附属駒場中高/ICT活用シンポなど「第41回教育研究会」を11月開催

2014年10月22日

筑波大学附属駒場中高/ICT活用シンポなど「第41回教育研究会」を11月開催

筑波大学附属駒場中学校・高等学校は、”知を拓く”をテーマにICT活用に関するシンポジウムなどを行う「第41回教育研究会」を11月22日に開催する。

筑波大学附属駒場中学校・高等学校は、2002年度に文科省からスーパーサイエンスハイスクールの指定を受け、第三期目の2012年度からは、世界的な視野を持った人材の育成に取り組んでいる。

また、2012年度から筑波大学と連携した「トップリーダー育成のための教育の高度情報化事業」を通じ、ICTの活用についても研究を進めている。

教育研究会では、「知を拓く」を研究主題に公開授業と研究協議会を、社会科、理科、英語科の教科別に実施。

協議会後は、ICTの活用に積極的に取り組んでいる教師をパネリストとして招き、シンポジウム「ICT の活用―いまできること・まだできないこと―」を開催する。

シンポジウムには、千葉県立袖ヶ浦高等学校の永野直情報コミュニケーション科主任、佐賀県立武雄青陵中学校の川副良介技術科教諭などが登壇する。

概要

日  時:2014年11月22日(土) 9:30~16:30 ※受付開始 8:30
会  場:筑波大学附属駒場中・高等学校 [東京都世田谷区池尻4-7-1]
対  象:教育関係者
参加費 :一般 2000円/学生・大学院生 1000円
申込期限:11月14日(金)まで
詳細・申込

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス