1. トップ
  2. データ・資料
  3. 栄光ゼミナール/68.8%の母親が子どもの情報リテラシーの修得を希望

2015年3月5日

栄光ゼミナール/68.8%の母親が子どもの情報リテラシーの修得を希望

68.8%の母親が、「我が子には情報リテラシーの修得」を希望している。栄光ゼミナールは4日、全国500人の母親にICTの教育活用に関するアンケート調査を実施し、その結果を発表した。

調査結果によると、68.8%の母親が「我が子には情報リテラシーの修得」を希望。

ICTの教育活用で適している機器は、タブレット端末とノートPCが、ICT機器使用の学習場所は学校、家庭、塾があげられた。

教育の主役は対面教育で、ICT活用は必要に応じて補完的に考える傾向が強かった。

また、栄光ゼミナールの「iPad mini」学習には、5割の母親が関心を示した。

関連URL

栄光ゼミナール

Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
総務省プログラミング普及事業 発表会動画 全28本掲載
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の学習塾 ICT活用事例はこちら すらら
  • 「教育情報セキュリティポリシーガイドライン」対応!教育情報セキュリティならチエル
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • eラーニングの録画・配信 Matrox Monarch LCS
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録