1. トップ
  2. データ・資料
  3. 栄光ゼミナール/68.8%の母親が子どもの情報リテラシーの修得を希望

2015年3月5日

栄光ゼミナール/68.8%の母親が子どもの情報リテラシーの修得を希望

68.8%の母親が、「我が子には情報リテラシーの修得」を希望している。栄光ゼミナールは4日、全国500人の母親にICTの教育活用に関するアンケート調査を実施し、その結果を発表した。

調査結果によると、68.8%の母親が「我が子には情報リテラシーの修得」を希望。

ICTの教育活用で適している機器は、タブレット端末とノートPCが、ICT機器使用の学習場所は学校、家庭、塾があげられた。

教育の主役は対面教育で、ICT活用は必要に応じて補完的に考える傾向が強かった。

また、栄光ゼミナールの「iPad mini」学習には、5割の母親が関心を示した。

関連URL

栄光ゼミナール

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
大塚商会のNext GIGA
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス